ハトのおよめさん

ハグキ原作の同名作品『ハトのおよめさん』を、ミュージックビデオ風に仕立てたアニメ作品。日本テレビ系列の『ユルアニ?』内で放送された1分弱のCGアニメーション作品で、番組の第12話からはエンディングとして放映された。時間は短いが、視聴した人間にかなりのインパクトを残す作品となっている。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ハトのおよめさん
ふりがな
はとのおよめさん
原作者
制作
DLE
監督
田上キミノリ
放送期間
2011年4月13日 〜 2011年8月31日
放送局
日本テレビ
話数
22話
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
 
ブラックコメディ、ブラックユーモア
 
動物擬人化

総合スレッド

ハトのおよめさん(テレビアニメ)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

ブッコ(ハトのおよめさん)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:31
HEART ~鳩とお嫁さん~ ゲストお手本歌唱バージョン(ハトのおよめさん)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:31

新着関連スレッドもっとみる

概要

ところ構わず「はとビーム」を発射する主人公「ハトのよめ」のハチャメチャな行動を描いている作品。内容は一応、流れる歌の世界観に合わせているが、ハトのよめの行動が想像以上で衝撃度は高い。また、歌はお笑いコンビ「オードリー」の若林正恭が担当しているが、かなり調子の外れた歌声は聞いた者全てを驚愕させる。

結果的に独特な雰囲気に加え、非常に大きなインパクトを与える作品でもある。

登場人物・キャラクター

主人公
豆とパチスロが大好きな、口調の荒い肝っ玉母ちゃん。口ぐせは「うるせえ」。必殺技は、口から発射して周囲を焼土にしてしまう「はとビーム」だが、その原理は不明。
樹齢の長い森の長老の木だが、顔から上の部分がなく、切り株のような容姿をしている。あまり尊敬されていないらしい。
『ハトのおよめさん』の登場人物で、主人公のハトのよめの配偶者。ハトのよめから蹴りを食らったり、なにかにつけてはとビームで焼かれたりするなど、散々な目に合ってしまう。
『ハトのおよめさん』の登場人物で、主人公のハトのよめの息子。名前の由来は、生まれた後の第一声が「ブッ殺す!」だったから。まだ子供なので飛べず、移動の際はハトのよめの背中に乗る。
猫三兄弟の長男でマジシャン。黒いハットと蝶ネクタイがトレードマーク。
猫三兄弟の次男。主人公のハトのよめからハリセンで殴られるなど、不幸な出来事が多い。ニャップリンと同じく蝶ネクタイをしている。

その他キーワード

『ハトのおよめさん』の主題歌の1つ。番組オリジナルの楽曲で、お笑いコンビ「オードリー」の若林正恭のファーストシングル。アニメは、前の2曲で使用されたものを回想風にアレンジして使用されたほか、主人公のハ...
『ハトのおよめさん』の主題歌の1つ。原曲は小柳ルミ子の同名タイトルの楽曲。アニメでは、主人公のハトのよめの他、ハトのダンナ、ブッコ、ニャップリン、ニャールセン、長老などが登場してダンスを披露するなど、...
『ハトのおよめさん』の主題歌の1つで番組オリジナルの楽曲。本来はお笑いコンビ「オードリー」の若林正恭のファーストシングルだが、あまりにも調子が外れた歌声であるため、「お手本」として樋口了一が「きちんと...
『ハトのおよめさん』の主題歌の1つ。原曲は加山雄三の同名タイトルの楽曲。アニメでは、主人公のハトのよめに、ハトのダンナが必死に求愛している様子を描いている。しかし、ハトのよめは意に介さず、ことごとく相...

クレジット

原作    
監督 田上キミノリ    
CGアニメーション 渡辺あきな    
アニメーション制作 DLE    

原作

喋る動物たちが住んでいる世界。丘の上に住んでいるハト一家は、ベンチャー企業社長をしているダンナと、「ブッコ」「ブッ殺す」としか喋れない息子のブッコ、そしてパチンコが趣味のハトのヨメの3人家族。傍若無人...