ハトのおよめさん

動物たちの世界を舞台に、傍若無人なハトのヨメと、ハトのダンナや息子のブッコ、友人のワニ子や森の長老などといった周囲の動物が織り成すナンセンスギャグ漫画。ハグキのデビュー作であり代表作。

  • ハトのおよめさん
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ハトのおよめさん
作者
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
 
動物擬人化
レーベル
アフタヌーンKCDX(講談社)

総合スレッド

ハトのおよめさん(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

ニャップリン(ハトのおよめさん)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36
ピョン也(ハトのおよめさん)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36

新着関連スレッドもっとみる

概要

喋る動物たちが住んでいる世界。丘の上に住んでいるハト一家は、ベンチャー企業社長をしているダンナと、「ブッコ」「ブッ殺す」としか喋れない息子のブッコ、そしてパチンコが趣味のハトのヨメの3人家族。傍若無人で口の悪いヨメは、夫に離婚されて自殺を図っていたワニ子によりを戻すためのアドバイスをしたり、クイズ番組に出てみては番組をぶち壊したり、花の妖精を名乗るロボットを必殺技のはとビームで破壊したりと、様々な大暴れをする。

登場人物・キャラクター

『ハトのおよめさん』の主人公であるハト。性格は傍若無人で言葉遣いも悪く、口癖は「うるせえ」「いいから」。トニャーやニャップリンなど、彼女のやりたい放題のせいで職を失った者も多い。口から吐く光線技である...
ハトのヨメの夫で、ベンチャー企業「ハトハトチャンカンパニー」の社長。ヨメの傍若無人さに振り回されていることが多い。高校時代はラグビー部であり、必殺技の「花園タックル」は、ライオンをほぼ真っ二つにするほ...
ヨメとダンナの一人息子。生まれて最初に発した言葉が「ブッ殺す!」だったためこの名がついた。「ブッコ」「ブッ殺す」の2語以外の言葉をしゃべることができないが、周囲とコミュニケーションを取ることはできてい...
36歳で主婦をしているウサギ。学生相手に不倫・妊娠したため夫に離婚され、飛び降り自殺を図ったところでヨメに激突、知り合いになる。ヨメのアドバイスにより夫とヨリを戻した後は、一緒にKAZU先生の料理教室...
ワニ子の甥であるウサギの少年。ブッコと仲が良く、よく一緒に遊んでいる。迷子になったと思ったらナンパに精を出していた時があるなど、歳の割にませた性格。父親が銃刀法違反で逮捕されてからは、新聞配達をして家...
犬のノンキャリ警察官で階級は警部。普段はクールな性格だが時には熱く悪に立ち向かうこともあり、ノートパソコンを使った捜査を得意とする。ライフルの腕も持っており、犯人を射殺したこともある。ボビーは義弟。
自分のことは「いちおう犬」だと言っているが、足が6本あり、舌の先は爬虫類のように2つに割れている。悪の枢軸と戦うための「光線を撃つ者(ビーマー)」となる動物を探している存在であり、ヨメにとってははとビ...
ニャールセン・ニャップリンの弟である猫。上がり症ながらテレビ番組「クイズ・シンキングピュー」の司会者をしていたが、ヨメのせいでクビになる。その後はハト一家の使用人を経てホームレスになり、土管で暮らして...
料理研究家のパンダで、ヨメとワニ子が通っている料理教室を開いているほか、カレー屋「大三元」やラーメン屋「グルタミン龍」のオーナーシェフ、テレビ番組出演など様々な仕事をしている。金に汚い性格で、密漁・脱...
森の長老である木だが、基本的に頭が悪く、あまり尊敬されている様子は見られない。元は大木だったが、ハトのダンナによって大部分を伐採されてしまい、切り株状になっている。
ニャールセン・ニャップリンの兄である、紳士を気取った猫。手品師をしていたが、ヨメのせいでショーが失敗してから客が減り廃業。以後、ヨメへの復讐心に燃えるようになり、様々な発明品を作る。
森で医者をしている猫で、ニャップリンの弟、トニャーの兄。腕前は確かだが軽薄な性格であり、病院に勤めている女看護師とオフィスラブにふけっていたところをヨメに目撃され、口止めの代わりにいいように使われてい...
ハリー警部の義弟である犬の警察官でキャリア組。人間の200万倍の嗅覚を持っており、これで犯人を探すのを得意とするが、ヨメに屁をかがされる度に嗅覚が落ちていってしまっている。

その他キーワード

『ハトのおよめさん』に登場する、ヨメの必殺技。「はとビーム!」の掛け声とともに口から強力なビームを吐く。その実は相手の精神に働きかける技であり、ロボットのような心を持たない相手の場合は効果がない。威力...

アニメ

ところ構わず「はとビーム」を発射する主人公「ハトのよめ」のハチャメチャな行動を描いている作品。内容は一応、流れる歌の世界観に合わせているが、ハトのよめの行動が想像以上で衝撃度は高い。また、歌はお笑いコ...