ハルモヤさん

ハルモヤさん

埼玉県熊谷市で生まれ育ち、現在も実家暮らしの30歳で処女の女性が主人公。嘱託職員として安月給だが居心地のいい市立図書館で働いている。覇気に欠け自立心も無くグータラだが、どこか憎めない春靄きの子(はるもやきのこ)の行動を通して、都会への憧れを胸に抱きながらも地元から飛び出す勇気もない地味な女性の生態を細かく描いている。

正式名称
ハルモヤさん
作者
ジャンル
日常
関連商品
Amazon 楽天

概要

春靄きの子(はるもやきのこ)は30歳で処女。埼玉県熊谷市で生まれ育ち、現在も実家で父母といっしょに暮らしている。勤め先の市立図書館にも自転車通勤。生活範囲の狭い淡々とした毎日に大きな不満はないが、現状に焦りを感じているのも事実。年齢的には大人だが、心はまだまだ子供。中学時代の憧れの男子に再会したが全く覚えてもらっていなかったり、内緒で親にお見合いを仕組まれたり、と冴えない日常が続くが、ハルモヤさんは不器用ながらも今日も一生懸命生きている。

SHARE
EC
Amazon
logo