ムルムル

ムルムル

栞と紙魚子(漫画)の登場人物。

登場作品
栞と紙魚子(漫画)
正式名称
ムルムル
関連商品
Amazon 楽天

概要

『栞と紙魚子』シリーズに登場する謎の小型生物。人に似た顔と、背中に生えた小さな翼、それと尻尾が特徴で、クトルーちゃんの母の実家の方にいっぱいいる食用生物。クトルーちゃんの母の両親がやってきた時に一緒についてきて、胃の頭町で繁殖した。性別が存在しないが、数匹で輪を作ってダンスを踊ると増える性質があり、人間を含め別の生き物が輪に加わるとその生き物の特徴を持ったムルムルが発生する。

クトルーちゃんの鼻に言わせると、佃煮にすると美味しいらしい。

関連キーワード

胃の頭町

『栞と紙魚子』の舞台となる架空の町。栞と紙魚子が住んでおり、町のいたるところに奇妙なスポットがある。現実の井の頭公園周辺をモデルとしているようで、町には胃の頭公園があり、「胃の頭駅」の周辺には「身肩台」や「首山」、「欝状寺」といった駅があって物語に登場することもある。

登場作品

栞と紙魚子

奇妙な事件に巻き込まれやすい栞と、物知りで怪異にも詳しい紙魚子のコンビが、さまざまな事件に巻き込まれていく一話完結型のシリーズ作品。クトゥルフ神話を素材とした要素など、パロディ的な手法も数多く見ること... 関連ページ:栞と紙魚子

SHARE
EC
Amazon
logo