ヤンキー烈風隊

ヤンキー烈風隊

一匹狼だった門田紋乃丞が、男気と喧嘩の強さで暴走族、やくざの世界でのぼりつめていく。ヤンキー漫画のジャンルで活躍したもとはしまさひでの代表作。

正式名称
ヤンキー烈風隊
作者
ジャンル
バイク
レーベル
月刊マガジンコミックス(講談社)
巻数
全28巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

素手での喧嘩で負け知らずの一匹狼、門田紋乃丞が、暴走族烈風隊の総隊長になる事に。門田紋乃丞に敗れた暴走族の総長たちは、次々と烈風隊への入隊を懇願する。関東最大の暴力団花岡組の会長花岡虎造もその男気と器量に惚れ込み、遺言で自分の跡目を継がせる。花岡組会長になっても、門田紋乃丞は周りに流される事なく、喧嘩やカーチェイスのほか、恋人恋沼真梨との恋愛を謳歌する。

登場人物・キャラクター

主人公

20以上の学校で退学・転校を繰り返し、素手のタイマン(一対一の喧嘩)では負け知らずの不良。身長174.5cm、67㎏。高校1年生で、2年ダブった18歳。愛車はCBR400のエンジンを搭載し、スピードメ... 関連ページ:門田 紋乃丞

恋沼 真梨

門田紋乃丞の彼女。高校1年生、16歳。尾屋高校に在籍していたが、退学して門田紋乃丞とともに私立奥玉高校に転入する。成績優秀だが、喧嘩が強いロンタイ(長い丈のスカート)の女不良(スケバン)。必殺技はチョーパン、膝蹴り、ヘッドパッド。後に門田紋乃丞の住居の隣にプレハブ小屋を建て、同棲するようになる。

関東最大の広域暴力団関東花岡連合会(花岡組)の初代会長、花岡虎造の一人息子。暴走族黒飛行船(ブラック・ツェッペリン)の八代目総長。門田紋乃丞の舎弟になる前は北原三津男が運転する真っ赤なSELリムジン(... 関連ページ:花岡 竜二

田嶋 鉄

狂極高校の副番だった。情報通。実家は自動車整備工場。門田紋乃丞のために情報を集めたり、車を修理するための倉庫を提供する。車は日産プレジデントのワークス仕様で、HKSのツインターボに改造している。15歳の彼女、理佳と同棲している。後に烈風隊に入隊する。

ヤクザ。暴力団東京愚蓮会新宿支部長。門田紋乃丞が憧れる先輩。超硬派暴走族烈風隊の初代総隊長だった。一匹狼だった門田紋乃丞に二代目総隊長をまかせる。のちに東京愚蓮会は関東最大の暴力団花岡組の傘下に入り、... 関連ページ:東堂 力也

ヤクザ。15歳の時に花岡虎造から盃を受けて以来、20数年極道一筋で生きてきた。花岡組傘下、組員100名以上の北原三津男組組長。表向きは北原興業の社長。花岡竜二の運転手兼ボディガードをつとめていた。門田... 関連ページ:北原 三津男

S県の暴走族連合殺戮同盟の総裁。殺人の前科あり。総裁専用車はケーニッヒセンチュリー。傘下の群雄蜘蛛(スパイダー)が東京進出をもくろみ、花岡竜二を襲ったため烈風隊と殺戮同盟との抗争が勃発しそうになる。国... 関連ページ:国木田 晴臣

私立奥玉高校を仕切る女不良(スケバン)グループ墨零一家のひとり。車はクオーレターボ。暴走族黒飛行船の襲撃に遭い、加えて花岡竜二によってヤキ(暴行)を入れられ、全治三か月に。また顔の整形手術をくり返すこ... 関連ページ:赤坂ミチ

集団・組織

烈風隊

『ヤンキー烈風隊』に登場する東京の超硬派暴走族。隊員47名。門田紋乃丞が二代目総隊長に就任するまで、幹部の「鬼の三人衆」が烈風隊を統率していた。二代目総隊長就任式で門田紋乃丞は、喧嘩で汚れた血染めの特... 関連ページ:烈風隊

黒飛行船

『ヤンキー烈風隊』に登場する暴走族。隊員200~300名。昭和50年代前半に隆盛を誇った関東最大級の暴走族。最盛期には単車400台、四輪300台を擁していた。八代目総長は花岡竜二、十代目総長は松本建二... 関連ページ:黒飛行船

菊華連合

『ヤンキー烈風隊』に登場する暴走族。K県下一の超硬派喧嘩屋軍団で凶悪暴走族。隊員約50名。命知らずの猛者ばかりの集団。初代総長は岩倉猛で、全国制覇を目指していた。岩倉猛は東堂力也と宿命のライバルでもあ... 関連ページ:菊華連合

紅龍

『ヤンキー烈風隊』に登場する下町の悪党チーム。傷害、カツアゲ、カッパライ、なんでもござれの極悪。四代目総長は倉田清輝。スナック喫茶「すろっとる」がたまり場。北原三津男組の組員になった角川俊明は、紅龍の... 関連ページ:紅龍

遠州地゛獄一家

『ヤンキー烈風隊』に登場する暴走族。遠州(静岡県)に本拠をかまえる武闘派で攻撃型凶悪暴走族。東海随一の団結力、戦闘力を誇る。地゛獄会と遠州一家が一つになり誕生した。関東制覇を狙う。服部純樹による菊華連... 関連ページ:遠州地゛獄一家

書誌情報

ヤンキー烈風隊 全28巻 〈月刊マガジンコミックス〉 完結

第1巻

(1987年1月発行、 978-4063022018)

第2巻

(1987年5月発行、 978-4063022094)

第3巻

(1987年8月発行、 978-4063022179)

第4巻

(1987年11月発行、 978-4063022261)

第5巻

(1988年2月発行、 978-4063022322)

第6巻

(1988年5月発行、 978-4063022391)

第7巻

(1988年8月発行、 978-4063022469)

第8巻

(1988年11月発行、 978-4063022568)

第9巻

(1989年2月発行、 978-4063022636)

第10巻

(1989年5月発行、 978-4063022704)

第11巻

(1989年9月発行、 978-4063022810)

第12巻

(1989年12月発行、 978-4063022872)

第13巻

(1990年3月発行、 978-4063022964)

第14巻

(1990年6月発行、 978-4063023046)

第15巻

(1990年9月発行、 978-4063023121)

第16巻

(1991年1月発行、 978-4063023213)

第17巻

(1991年4月発行、 978-4063023282)

第18巻

(1991年7月発行、 978-4063023367)

第19巻

(1991年10月発行、 978-4063023442)

第20巻

(1992年1月発行、 978-4063023510)

第21巻

(1992年4月発行、 978-4063023589)

第22巻

(1992年7月発行、 978-4063023640)

第23巻

(1992年10月発行、 978-4063023725)

第24巻

(1993年1月発行、 978-4063023787)

第25巻

(1993年4月発行、 978-4063023879)

第26巻

(1993年7月発行、 978-4063023954)

第27巻

(1993年10月発行、 978-4063024050)

第28巻

(1994年3月発行、 978-4063024203)

SHARE
EC
Amazon
logo