爆音列島

舞台は1980年代の東京。流されやすい性格の主人公・タカシは、周囲に影響される形で暴走族の集会に参加。最初は決して乗り気ではなかったが、すぐに集団で暴走する行為に魅入られ、自分のバイクを手に入れるなど、やがて青春のすべてをかけるようになっていく。自身も暴走族に所属していた作者・高橋ツトムの自伝的性格を持つ作品で、実在した暴走族をもじった暴走族が多数登場する。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
爆音列島
作者
ジャンル
セミドキュメンタリー、半自伝
 
バイク

総合スレッド

爆音列島(漫画)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

新着関連スレッド

大山 しのぶ(爆音列島)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:33
ユーコ(爆音列島)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:33

新着関連スレッドもっとみる

概要

1980年の東京。もともと中野で暮らしていたタカシは、素行不良を心配した両親が環境を変えようとして、品川の区立笠原第二中学に転校する。しかし素行不良での転校という事実から、周囲にタカシが不良少年であるという印象を与え、タカシも周囲に流されやすい性格だったため、すぐに不良少年として馴染んでいく。

あるとき品川を拠点とする暴走族・ZEROSの集会の見送りに参加することになったタカシは、なりゆきで先輩のバイクの後部シートに乗ることに。初めての暴走に恐怖を覚え、さらにZEROSの敵対チームから暴行を受けることになったタカシ。だが、暴走族に魅力を覚え、また集会に参加したという事実がタカシの不良としての格を上げるのだった。

こうしてZEROSの一員として本格的に活動をすることとなったタカシは、当初は日和った言動も目立ったが、暴走族同士の抗争や警察との対立、ヤクザ世界との接触、そして仲間の死を経験。また仲間の多くが夢や将来像を持っているにもかかわらず、未来への展望がないタカシは、すべてを暴走族の一員である現在にかけるようになっていく。

やがて道路交通法改正のため自分たちの世代では不可能になっていた1000台規模での暴走を夢見るようになり、その実現のために奔走しはじめる。

登場人物・キャラクター

主人公
もともとは中野区で暮らしていたが、喫煙などの素行不良があり、環境を変えようと考えた両親の判断で品川の笠原第二中学に転校する。しかし素行不良での転校という事実は、かえってタカシに不良というレッテルを与え...
笠原第二中学に転入してきたタカシにマニヨンとともに話しかけ、親しい友人関係になる。父親は放任主義で、母親とは別居しているため、小宮家はタカシらの溜まり場に。兄はZEROSメンバーのシンヤ。人付き合いが...
笠原第二中学に転入してきたタカシにミッツとともに話しかけ、親しい友人関係になった。体格が良く、顔付きも野性的であるため、周囲からはクロマニョン人に由来するマニヨンという仇名で呼ばれる。親しい友人からは...
タカシと同年齢のZEROSの構成員で、長髪で端整な顔付きをしている。姉の明川冴子がZEROS総長・桑原の恋人だったため、中学時代にも先輩から目をかけられており、またバイクの運転技術に長けていたためケツ...
ZEROSの構成員でタカシとは同年齢ながら、不良としては非常に気合が入っている。タカシの年代のリーダー的存在で、のちに桑原からZEROSを継ぐ総長に指名された。当初はハンパな覚悟のタカシを見下すような...
タカシたちの後輩にあたるが、ボクシングや柔道の経験があり、喧嘩の腕前ではタカシらを凌ぐ実力者。中学時代、勝手にZEROSの看板を背負って他の暴走族を襲撃するが、その行為が総長綾瀬の逆鱗に触れてしまう。...
ZEROS横浜支部に所属していたが、横浜ではZEROSの活動は盛んでなく開店休業状態だった。愛車はKH250。マニヨンたちの追悼集会を成功させようと奔走するタカシからアプローチを受け、ZEROS本部に...
マニヨンと同じ高校に通っていた縁でZEROSに入隊した。愛車はGS。同性愛の気があり、カズヤやマニヨンに熱い視線を送る。ある集会明けの早朝、マニヨンとともにトラックとの交通事故に遭い死亡。
ZEROSの構成員。タカシの同期で、ZEROS幹部を務める。地元は大井でタカシと普段からつるんでいるわけではないが、族族大集会への協力を求めるために極楽の集会にタカシが参加する際には同行するなど、付き...
ZEROSの構成員。タカシの同期で、ZEROS幹部を務める。粗暴な性格をしており喧嘩っ早く、抗争が勃発すると喜び勇んで首を突っ込む。一方、仲間思いの面もあり、族族大集会実現のため極楽の集会に参加するこ...
ZEROSの構成員。中学時代からZEROSの集会に顔を出すが、比較的軽い気持ちで参加している。ぬるい発言をして、総長就任前の綾瀬にいびられたことも。同じ中学のカズヤと親しく、集会ではカズヤの後部シート...
中学生のタカシたちがZEROSに所属するようになったときの総長。カズヤの姉・明川冴子と付き合っている。数十人が待ち受けるところに一人で殴り込もうとしたり、日本刀を持った相手にもためらわず立ち向かったり...
タカシの笠原第二中学の同級生で、不良ではないがZEROSの集会の見学に来るなど暴走族に興味は持っていた。中学校時代にタカシと付き合うようになり、別々の高校に進学してからも関係はしばらく続く。しかし父親...
明川冴子が切り盛りするパブ・カレンでホステスを務める。ZEROSと極楽の抗争の際、冴子の自宅でタカシと知り合い、のちに交際へと発展。タカシの初めての相手となった。中学時代の男性関係は激しく、複数回の堕...
マニヨンの彼女。もともとはサーファーだったが、マニヨンと付き合うようになってからは暴走族の世界に近づく。マニヨンのGORILLAを借りて事故に遭い、心配した両親からマニヨンとの付き合いを禁じられるが、...
シンジのバンドが出演するライブハウスに来店していたことがきっかけで、タカシらZEROSメンバーと知り合う。暴走族に興味を持ち、ZEROSの溜まり場に顔を出すように。タカシに好意を寄せていたが、ボンドに...
カズヤの姉で、ZEROS総長・桑原の彼女。パブ・カレンを切り盛りしている。美貌の持ち主でありながら肝は座っており、ZEROSの敵対チーム・極楽総長・安藤に拉致されかけた際も、機転を利かせて逃げ出すこと...
ボンドの従兄弟。もともとは真面目な優等生だったが、好きな女に振り向いてもらうために不良になりたいと考え、ボンドに頼み込んで、タカシらと行動を共にするように。198cm102kgという巨漢のため、シンジ...
横浜の暴走族・CYCLONEのリーダーで、空手の腕前は達人級。自分の容姿を気にしており、それを隠すため常にショッカーの覆面を被り、地獄大使を名乗っていた。発言は「イーッ」のみで、命令は筆談で行うなど徹...
ミッツの実兄で、タカシらのZEROSの先輩にあたる。喧嘩相手を道路上でバックドロップするなど、凶暴な男として有名。自分自身は高校進学していないが、ミッツが高校に合格するとZ400FXを譲り渡すなど弟思...
ZEROSの構成員で、タカシらの先輩にあたる。シンヤと親しく、行動をともにすることが多い。ZEROSの集会の見学に赴いたタカシを後部シートに乗せ、初めての暴走行為を経験させた。その後、家庭内暴力を振る...
足立区を本拠地にする暴走族・極楽の総長。軍歌を愛好し、「族狩り」を行う凶悪な極楽をまとめあげる。物語序盤、タカシの軽率な行動で、ZEROSと極楽が抗争になった際、自ら品川に乗り込んでマニヨンの拉致・暴...
世田谷区を本拠地にする暴走族・紅皇帝の総長。タカシが企画する族族大集会への参加を求められるが、当初は無理難題を押し付けることで拒否しようとする。しかしZEROS総長の綾瀬が土下座をしたことで、その漢気...
暴走族・紅皇帝のメンバー。中学時代のタカシがゲラコのバイクの後部シートに乗って初めてZEROSの集会に参加した際、交通機動隊に追われたゲラコが隊列を離脱して逃げ込んだ公園に仲間数人とともにたむろしてい...
族族大集会終了後に逮捕されたタカシが、鑑別所の雑居房で同室となり出会う。それまで周囲にいた人間と違う冷めた目を持っていることに興味を抱いたタカシから、罪状などを問われる。自身では妻子持ちで、家族旅行に...
タカシの素行不良を心配して、中野から品川に引っ越しをするが、結局暴走族として活動するようになってしまったことに心を痛める。ただ、タカシが中学生のころは一定の理解を示し、タカシが私立恵比寿高校に合格した...
風采の上がらないサラリーマン。妻とタカシとともに品川に引っ越してくる。タカシがZEROSに情熱を傾けるようになり、自宅に寄り付かなくなるのと時を同じくして、タカシの父も家に帰らなくなる。家族には内緒で...
出版社・金星出版で雑誌記者を務める女性。タカシが企画した族族大集会を記事にするため、タカシのほか、ZEROS総長の綾瀬、紅皇帝総長の唐沢旭、極楽総長の安藤を取材する。タカシらには調子を合わせながら、一...
品川区大井に居を構えるヤクザ。舎弟の残尿(仇名。本名不明)とともに常にラーメンばかり食していることから、ラーメンブラザースと呼ばれている。ZEROS集会の騒音に激怒し、430セドリックで道路を逆走し、...

イベント・出来事

『爆音列島』で催されたイベント。タカシが主催した暴走族の大規模集会。その背景には、道路交通法の改正がある。物語が始まる1980年から2年遡る1978年に、道路交通法に暴走族対策として共同危険行為の禁止...