一族

一族

EATER(漫画)の登場人物。読みは「いちぞく」。

登場作品
EATER(漫画)
正式名称
一族
ふりがな
いちぞく
関連商品
Amazon 楽天

概要

『EATER』に登場する、宇宙から来た、動植物の精気を喰らう霊体生物群の呼称。実体を持たない彼らは、地球人の女性に精を植え付けてできた胎児に取り憑く。取り憑いた精は、母胎の精気を食べて成長し、遺伝情報を盗んで人の子として生まれる。大人になって身体が成長し変態が始まると、人の心を失い、宇宙人の凶悪な本能が目覚める。

そして獲物=地球人の姿を手に入れた「一族」は、人の群れの中に紛れ、事故を装って人の魂を補食する。魂が残っていれば、人に取り憑いて何度でも復活することができるが、長く霊体のままでい続けることはできない。また変身すると、身につけていた物と同化し、自在に操ることができるようになる。紅丸は、人の心を持ったまま成長したなりそこないのため、「一族」と敵対している。

登場作品

EATER

宇宙から来た、動植物の精気を喰らう霊体生物の紅丸は、人の心を持ったまま成長した「なりそこない」だった。そのため、生母を殺した父の黒丸を殺し、その魂を喰らう。これにより、「一族」と敵対し追われる立場にな... 関連ページ:EATER

SHARE
EC
Amazon
logo