伊坂 真鶴

伊坂 真鶴

九月病(漫画)の登場人物。読みは「いさか まつる」。

登場作品
九月病(漫画)
正式名称
伊坂 真鶴
ふりがな
いさか まつる
関連商品
Amazon 楽天

概要

兄の伊坂広志と同居し、肉体関係を持つ女性。幼い頃、買い物にはお金が必要と理解しておらず悪気無く万引きをする、正直のあまり父親の不倫を暴いてしまうといった行動から、親に「いけない子」として扱われながら育った。不登校気味で、唯一の心の拠り所であった広志を愛し、16歳のとき肉体関係を持つ。母親の死と広志の就職に伴い、故郷の小樽を離れて本州のアパートで同居生活を送る。

アルバイトをしているが長続きせず、職場を転々としていた。また、広志にも隠して冴木と援助交際をしており、冴木には「マキ」と名乗っていた。同じアパートの住人からは夫婦と思われていたが、隣人の田中沙織が訪れた病院の看護士だったことから、兄妹での肉体関係が発覚する。

登場作品

九月病

親に「いけない子」と言われて育った伊坂真鶴は、家庭内で唯一の心の安らぎであった兄・伊坂広志を愛し、やがて肉体関係を持った。母親の死後、広志の就職に伴い故郷を離れた伊坂兄妹は、同居しながら関係を続ける。... 関連ページ:九月病

SHARE
EC
Amazon
logo