侵犯術

イムリ(漫画)に登場する技術で超能力の一種。読みは「しんぱんじゅつ」。

  • 侵犯術
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
イムリ(漫画)
正式名称
侵犯術
ふりがな
しんぱんじゅつ

総合スレッド

侵犯術(イムリ)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

他人の「彩輪」を、「強化彩輪」と呼ばれる鍛えられた「彩輪」で操る技術のことをいう。「強化彩輪」には「誘導彩輪」「促迫彩輪」「命令彩輪」の三段階がある。もっとも弱い「誘導」は他人に行動を促すのみだが、「促迫」は精神を完全に従わせることができ、かけられた人間はかけられた期間の意識もない。

また「促迫」を3度続けてかけられると、相手を奴隷化することができる。もっとも強力な「命令」は、かけた相手を即座に奴隷化することができる。術者の階級によって会得できる「強化彩輪」には制限があり、「命令彩輪」を身につけているものはわずかである。術をかける際には、相手の正しい名前を発言する必要があるが、個人名を持たないイコルイムリたちは、民族名だけで侵犯術を掛けられてしまう。

登場作品

支配民族カーマによって統治される星マージでは、カーマたちは他人の精神を操る能力侵犯術を使って、奴隷民族のイコルたちを支配し、階級社会を形成していた。マージの隣星ルーンは、古代戦争の際にカーマたちによっ...