一角獣種シリーズ

一角獣種シリーズ

宇宙開発の進んだ近未来、特殊な遺伝子改造を受けた人種とそれを取り巻く人々の恋愛や人間関係を描いたSF作品。

正式名称
一角獣種シリーズ
作者
ジャンル
その他SF・ファンタジー
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

舞台は宇宙開発が進み、人間が木星の衛星や火星など他の星に居住するようになった時代。かつてあった核戦争期に作られた、コンピューター制御のため感情を取り払った改良人種一角獣種と、それを取り巻く惑星開発者、研究者、ESPなどの人々の人間模様を描いた作品。『A-A'』、『4/4カトルカース』、『X+Y』の3作品から成る。

『4/4カトルカース』の主人公モリのその後が『X+Y』で描かれる。『X+Y』で第16回(1985年)星雲賞コミック部門を受賞。

集団・組織

一角獣種

『一角獣種シリーズ』に登場する種族。百年以上前の21世紀初頭に起きた核戦争時、宇宙航行のコンピューターを扱うために改良された人種。赤外線光波を見ることができる。盛り上がった頭部と、そこに生える赤いとさか状の髪が特徴。視聴覚範囲が人間と異なり、赤外線の波長までもが見えている。そのため、注意力がやや散漫になっており、よく物にぶつかったり、つまづいたりしてしまう「とろい」一面がある。 ミスを減らすために感情を無くすよう遺伝子改造をされているため。基本的に無愛想で感情表現に乏しい。現代においては、純血種は非常に珍しくなっている。

SHARE
EC
Amazon
logo