公安9課

イノセンス(アニメ映画)に登場する組織。読みは「こうあんきゅうか」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
イノセンス(アニメ映画)
正式名称
公安9課
ふりがな
こうあんきゅうか

総合スレッド

公安9課(イノセンス)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

2032年の日本に存在する、内務省直轄の公安機関。特殊な犯罪への対処や防諜任務を行い、非合法活動にも手を染めている。リーダーは荒巻大助。バドーを初め、隊員には義体化電脳化]したサイボーグが多い。

女性型愛玩用アンドロイドであるガイノイドタイプ2052・ハダリ暴走事件をバドーとパートナーのトグサが捜査する。

登場人物・キャラクター

『イノセンス』に登場するロボット。女性型アンドロイドのこと。ロボットメーカーロクス・ソルス社は、その愛玩用機種であるタイプ2052・ハダリを製造、販売し、好評を得ていた。
『イノセンス』に登場するロボット。日本北部の択捉経済特区に本拠地のあるロボットメーカーロクス・ソルス社が生産している愛玩用女性アンドロイドであるガイノイド。少女の姿をしており、密かに性器を有する高性能...

関連キーワード

『イノセンス』に登場する技術。2032年の世界において、人間の頭脳や神経系に大量のマイクロマシン(極小機械)を投入してコンピューター化を行い、外部ネットワークとの接続を可能にした技術の総称。
『イノセンス』に登場する技術。2032年の世界において、人間の肉体を機械化する技術の総称。バドーを初め、多くの人間がこの処置を受けてサイボーグとなっている。

登場作品

実用化された様々なロボットが社会に定着し、多くの人間が機械化、電脳化されている2032年の日本。女性型アンドロイドであるガイノイドが暴走し、人間を殺す事件が連続して発生した。日本政府の治安機関公安9課...