加藤 かずえ

加藤 かずえ

東京BABYLON(漫画)の登場人物。読みは「かとう かずえ」。

登場作品
東京BABYLON(漫画)
正式名称
加藤 かずえ
ふりがな
かとう かずえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

東京タワーで霊障を起こしていた幽霊。昴流が他からの依頼で東京タワーを訪れた時に出会う。18歳の時に福岡から上京し、女優を目指して頑張っていた。しかし、なんとか映画の出演が決まったところに主演女優が降板。映画がお蔵入りになってしまったことに絶望し、東京タワーで自殺してしまう。

昴流と共に一緒にいた星史郎に説得され、無事成仏した。

登場作品

東京BABYLON

多くの人が集まり、情念や怨念が渦巻く東京を舞台に、陰陽師の皇一族の13代目当主である主人公、皇昴流は日々、人に禍をもたらすさまざまな霊障を祓う仕事に追われ、忙しい日を過ごしていた。 関連ページ:東京BABYLON

SHARE
EC
Amazon
logo