東京赤ずきん

東京赤ずきん

正体不明、不死身の身体を持つ赤ずきんは、人体収集販売をするマルコ、邪教の教祖ローザと共に、死体集めのために街を徘徊していた。彼女は自分が何者なのかを知った時、魔界の者の手を借りて本来の姿を取り戻す。

概要

狼に食べられたい、と願いながら夜な夜な徘徊する赤ずきんは、いくら撃っても切っても決して死なない謎の存在。自分の記憶が全く無く、人を殺しては、人体収集と売買を行っている「STOMACO DI FERRO」の経営者マルコにそれを引き渡して暮らしていた。ある日、アスベエルという悪魔がやってきたことで、赤ずきんの本来の姿と、その裏で行われていた魔界の計画、天界の企みが露わになっていく。

登場人物・キャラクター

主人公

長いみつあみに、エプロンワンピース、赤い頭巾をかぶっている、出自不明の少女。どんなに切り刻んでもすぐに再生する能力を持ち、絶対に死なない。自らの体を貪ってくれる『狼』を探しているが、ほとんどの人間がそ... 関連ページ:赤ずきん

ダンタリアンに仕えていた魔界の姫。ダンタリアンが特別な闇の眷属のアーティファクト『狼』を作ろうとした際、自らの胎を貸して出産することを受け入れた。アスベエルを心から信頼している。かつて天使であるセオス... 関連ページ:アスタルテ

ルカ

男性型の淫魔。穢れ無き乙女の魂を求めていたものの、町中には純粋な女性がいなかったため、無垢な少女だと勘違いして赤ずきんに手を出す。赤ずきんにすっかり気に入られた後、ネコに姿を変えられてしまう。巨大な男性器を持っており、赤ずきんに手籠めにされてからはすっかりマゾヒスト気質になってしまった。

イタリア人。刺青を入れ、ピアスをあちこちにつけているいかつい男性。肉屋という名目で「STOMACO DI FERRO」(鉄の胃袋)を経営、数多くの死体を売買している。女性をいたぶるのが趣味。日本語を話... 関連ページ:マルコ

ウィッチ・アローザ

黒髪ロングの妖艶な女性。人を生贄に捧げ、性欲のまま乱交を繰り返す邪教の教祖。信徒から騙しとった金で、魔術を研究。悪魔を召喚したり、攻撃魔法を使ったりすることができる。教会に仕えるベッテガに恋慕しており、激しい嫉妬に狂っていた。ネクロマンサーのヴェルノをかわいがっている。

ヴェルノ

ウィッチ・アローザに仕える少女。顔に傷があり、フードをかぶり、首にドクロをぶら下げている。マルコの元に集められた死体を縫い合わせることで、人造人間を動かすことのできるネクロマンサー。

普段は背広に身を包んだ、教会の男性。しかしウィッチ・アローザの邪教の集会に顔を出すなどして、赤ずきんを監視している。一見普通の人間だが、本質はセオスと呼ばれる天使で、特異な力で怪異を押さえつけたり、念... 関連ページ:ベッテガ

メガネをかけた女性の殺し屋。おどおどした性格で、黒いローブを羽織っている。体術と銃撃戦に長けており、鉄をひねるほどの腕力を持つ。ローブの下にはさらに2本の腕がある、人工的に造られた「アーティファクト」... 関連ページ:ヴィヴィアン

ファブリツィオ・ジェンティーレ

警部として赤ずきんを追い続けていたが、一度も捕えることができず、怒りのあまり退職。殺し屋のヴィヴィアンに殺害を依頼する。しかし二人の戦いが人間のものではないことを知り、自害する。

ルーポ

孤児の少年。敬虔な教会の信徒。普段は気の優しい少年だが、自我を失うと肉を求めながら、激しい性欲で射精し続けるようになる。ベッテガの管理下におかれ、力をおさえつけられている。実際は魔界の「狼計画」で作られた、魔界の姫アスタルテの息子であり、狼。

アスベエル

軽薄な容貌の、男性の悪魔。赤ずきんの本来の姿を知っている存在。魔界ではアスタルテに忠実に仕えていた。人間界では赤ずきんを監視し続けており、彼女がピンチの際は命がけで助力。相手のあらゆる情報を見透かすことができるが、体力はほとんどなく人間レベル。悪魔の姿に戻ると体に模様が浮かび上がる。

ダンタリアン

魔界の公爵。頭に数多くの角が生えている。光と闇のバランスを保つために、特別なアーティファクト『狼』を造ろうと計画。魔界の姫アスタルテの胎を利用して『狼』を生み出す。アスタルテが天使セオスに近づかれたことを知り、彼女を人間界に追放した。アスベエルを手下に従え、赤ずきんを監視している。

キサ・ヴァニタス

大きなツインテールに髪をしばった、褐色の天界の刺客。天界でも恐れられている力の持ち主で、羽で何もかもをみじん切りにすることができる。赤ずきんを「黒い翼を持つ女」と呼んで、アスタルテが産んだ『狼』と接触する前に亡き者にしようと襲いかかる。

SHARE
EC
Amazon
logo