千代田 テル彦

千代田 テル彦

はじめての甲子園(漫画)の登場人物。読みは「ちよだ てるひこ」。

登場作品
はじめての甲子園(漫画)
正式名称
千代田 テル彦
ふりがな
ちよだ てるひこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

日焼けして無精髭を生やした男性。千代田アミ彦の叔父。鶴座島で旅館を営んでいる。サングラスをしている時は関西弁を話すが、外した時は標準語になる。以前は外科医をしていた。かなりの人見知りだったが、夏合宿に訪れた土井中野高校野球部の面々に少しずつ心を開いてゆく。その後、土井中野高校に保健医として着任。

雨四光柳の選手復帰に貢献する。

登場作品

はじめての甲子園

二屋球人は土井中野高校野球部のキャプテン。しかしこの学校は校長、教師、生徒各1人で練習もままならない。思い余って転校を決意するが、校長から全国の才能ある野球少年をスカウトし、甲子園を目指すプランを聞か... 関連ページ:はじめての甲子園

SHARE
EC
Amazon
logo