嗚呼!!花の応援団

大阪の南河内大学応援団を舞台に、親衛隊隊長である青田赤道と応援団団員、さらにはOBを巻き込んで繰り広げられるドタバタ劇を、下ネタ満載、ギャグ全開で描いている。「クエックエッ」「ちゃんわちょんわ」「役者やの〜」などの流行語も生み出し、作者どおくまんの出世作となった。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
嗚呼!!花の応援団
作者
ジャンル
ギャグ、コメディ一般

総合スレッド

嗚呼!!花の応援団(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

うたわしの三兄弟(嗚呼!!花の応援団)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40
富山 一美(嗚呼!!花の応援団)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40

新着関連スレッドもっとみる

新着関連ガイド

青年漫画特選集~70年代編~
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36
名ギャグフレーズ特選集。何個覚えてる?
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36
個性溢れる大阪府を舞台にした漫画特集でっせ!
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36

新着関連ガイドもっとみる

概要

南河内大学に入学した富山一美は、入学早々、応援団に無理矢理入団させられてしまう。そしてさっそくかり出された野球部の応援で、大団旗の旗手を命じられ、見事、大団旗を支えきる。そのことが親衛隊隊長・青田赤道に気に入られ、親衛隊入りを認められた富山だったが、彼の真の受難の日々はここから始まるのであった。

登場人物・キャラクター

南河内大学3回生。応援団親衛隊隊長。顔の傷とキセルがトレードマーク。性格は凶暴で暴れ出したら手がつけられない。女好きでキャバレーなど風俗店の常連。「上がらずの団旗」とも呼ばれる応援団の大団旗を軽々と持...
南河内大学1回生。応援団親衛隊隊員。大学に入学したその日に、強引に応援団に入団させられた。旗手の青田赤道以外は誰も持ち上げられなかった大団旗を持ち上げることができ、野球部の応援では青田の不在により旗手...
南河内大学1回生。富山と一緒に応援団親衛隊入りを果たす。富山とともに、物語の中心となることが多い人物で、しばしば騒動に巻き込まれる。電車内での痴漢を捕まえようとして逆に冤罪で逮捕されたこともあり、その...
南河内大学4回生。応援団団長]。眼鏡がトレードマーク。上級生ながら青田に対しては何も言えない一方、OBには胡麻をすりまくっている。眼鏡を外して傷と髭を描くと青田にそっくりとなるため、身代わりとされたこ...
南河内大学2回生。応援団団員3、4回生からはいびられ、1回生からも突き上げを喰らう、苦労の絶えない立場にいる。酒に弱く、先輩の酒をラッパ飲みして豹変、大暴れしたことがある。
南河内大学1回生。応援団団員。団の中ではもてる方だが、女運はあまり良くない。見た目はマッチョで、旗手を決めるテストでも有力視されたが、かけ声ばかりでテスト用のバーベルを持ち上げることはできなかった。
南河内大学1回生。応援団団員。分数ができないほど頭が悪く、ほかの1回生からは馬鹿にされている。極度の天然ボケぶりに、先輩の団員からは敬遠されることが多く、結果としてしごきを免れている。また、友人の中島...
南河内大学1回生。将来の団長候補と言われるほど真面目で根性がある団員だったが、家庭の事情で退部を決意する。その際、上級生から壮絶なリンチを受けるも、青田によって制止された。その後、団員たちのエールに送...
南河内大学応援団OB。髭と左目の傷がトレードマーク。現役時代は親衛隊隊長を務めていた。青田赤道が応援団関係者の中で唯一頭が上がらない存在で、団員たちからの人望も篤い。「団の面目丸つぶれ」が口癖。
南河内大学応援団OB。河童のようなヘアスタイルが特徴。現役時代は「しごきの鬼」と呼ばれたほどのしごき魔で、OBとなった今も、たまに団に顔を出しては現役団員をしごいている。「役者やのう」が口癖。
南河内大学空手部。猫耳のように尖った髪型と猫のような髭が特徴。応援団の面々とは仲が悪く、幹部や青田たちとしょっちゅうケンカばかりしている。ただ、相撲部が全国大会出場のために部員を募集した時には、青田に...
青田が懇意にしている質屋の娘。人間離れした容貌と怪力の持ち主。見た目とは裏腹に純情一途な性格で、青田にベタ惚れしているが、青田にはまったくその気はない。青田を慕うあまり、過激な行動に出ることも多く、青...
青田赤道の実父。地元の山口では有名な資産家。常に鎧兜を着て槍を持っている。青田赤道が頭が上がらない人物の一人。70歳を過ぎても愛人を囲うなど女好きで、青田赤道以上に滅茶苦茶な性格。武道の達人でもある。
ヤクザの兄弟。大阪ミナミでは知られた存在で、ちょっとしたことでもすぐに「うたわす(うめき声をあげるまで徹底的にいたぶる)」ことから、この名がついた。応援団と揉め、大学に乗り込んできて幹部たちをうたわし...

クレジット

原案 太地大介