夕城 奎介

ふしぎ遊戯(漫画)の登場人物。読みは「ゆうきけいすけ」。夕城美朱とは親族関係にある。

  • 夕城 奎介
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ふしぎ遊戯(漫画)
正式名称
夕城 奎介
ふりがな
ゆうきけいすけ

総合スレッド

夕城 奎介(ふしぎ遊戯)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

夕城美朱の兄。K大に通う大学生で、中国語ができる。一時的に現代の世界に戻った美朱から「四神天地書」のことを知り、半信半疑ながら親友の哲也とともに調査を始めた。やがて玄武の巫女が日本語版翻訳者・奥田永之介の娘・奥田多喜子、また白虎の巫女が奥田の親友の娘・大杉鈴乃だったことを突き止める。

登場人物・キャラクター

都立第三中学校3年生。1977年5月12日生で、身長158cm。両親は離婚しており、母親と大学生の兄・夕城奎介と3人暮らしをしている。料理下手だが大食いで、天真爛漫かつおおらかな性格。ただし当初は高校...

登場作品

夕城美朱と本郷唯は、高校受験を控えた中学3年生。2人は図書館で偶然手にした古書・「四神天地書」のなかに吸い込まれてしまう。そこは青龍、朱雀、玄武、白虎の四神を祀る4つの国が治める世界。異世界から来た少...