大相撲SF超伝奇 五大湖フルバースト

大相撲SF超伝奇 五大湖フルバースト

相撲がアメリカに伝来し、デトロイトを聖地とする国技となった近未来を舞台に、ロボットのような身体に機械化された力士・五大湖と、石像となっていた相撲の守護神・伝説の横綱の大一番が行われる。作者・西野マルタによるSF相撲漫画3部作はそれぞれ「心・技・体」を象徴するとされ、本作はそのうちの「技」に相当する。

正式名称
大相撲SF超伝奇 五大湖フルバースト
作者
ジャンル
SF一般
 
相撲
レーベル
シリウスKC(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

相撲がアメリカの国技となりデトロイトがその聖地として繁栄する、西暦2XXX年。横綱・五大湖は原因不明の病に冒され、引退を余儀なくされていた。だが五大湖は、謎の女性科学者ドクター・グラマラスの甘言に乗り、全身を機械化した姿で土俵に上がる。全米相撲協会理事長は、機械化された五大湖と彼に蹂躙される相撲界を見かね、教会の奥で石像となって眠る伝説の横綱を復活させる。

行司+O163すら排した禁じ手無用の土俵で、五大湖伝説の横綱の大一番が開始される。

登場人物・キャラクター

主人公

西暦2XXX年のアメリカ相撲界において、200連勝を成し遂げ「技の横綱」と讃えられる当代随一の名力士。だが原因不明の病に冒されて衰え、引退を余儀なくされていた所にドクター・グラマラスの誘いを受け、全身... 関連ページ:五大湖

合衆国相撲教会の奥で石像となっていた力士。デトロイトへの相撲伝来と共に伝えられた古文書によれば、相撲界に危機が訪れた際に蘇らせるべき相撲の守護神。太刀・賜杯・まわしの3種の神器によって復活し、五大湖と... 関連ページ:伝説の横綱

クリス・ガブリヨル

五大湖の息子。5歳の誕生日に母を交通事故で亡くし、さらに父の五大湖が事故の報を受けても相撲を優先させた事で、心を閉ざす。以来、10歳になっても指しゃぶりの癖が抜けない。五大湖と伝説の横綱の大一番を観戦し、葛藤を経て五大湖に声援を送る。

金髪の妖艶な女性科学者。病身の五大湖を重火器をも備えた機械の身体に改造し、アメリカ相撲界に送り込んだ。デトロイトが機械と科学の街と主張し、相撲によって再興した事を否定するため機械化した五大湖をもってア... 関連ページ:ドクター・グラマラス

禿頭とサングラスが特徴の老人。捨て子だった五大湖を不世出の名横綱に育て上げたが、期待のあまり相撲に勝つことだけを求め、親子の情愛を示せなかった。五大湖を育てた功績によりアメリカの相撲協会理事長となった... 関連ページ:理事長

SHARE
EC
Amazon
logo