女 蛮角

女 蛮角

おいら女蛮(漫画)の登場人物。読みは「すけ ばんかく」。女蛮千代、スケバンとは親族関係にある。

登場作品
おいら女蛮(漫画)
正式名称
女 蛮角
ふりがな
すけ ばんかく
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公・スケバンの父。喧嘩っ早く、会社の上司を張り倒すため、いつもクビになる。柔道四段で必殺技・大雪山おろしの使い手であるが、妻・女蛮千代にはまったく歯が立たない。普段は優しく美人でグラマーな妻の事が大好きで、息子・蛮子にまで嫉妬するほど。

関連人物・キャラクター

女蛮千代

主人公・スケバンの母で元最強の女番長。小学生のときに結婚して、中学生で息子・スケバンを生んだため、まだ20代のグラマーな美人。夫の女蛮角や蛮子のことが大好きで、セクシーな姿で2人に迫る。普段は優しいが... 関連ページ:女蛮千代

スケバン

12歳の男子中学生。明るい性格だが、キレやすく喧嘩っ早い。事件ばかり起こすため、学校を退学させられてばかりいる。普段は優しいが怒ると手が付けられない最強の母・女蛮千代が最大の弱点。名前のせいで女尊学園... 関連ページ:スケバン

登場作品

おいら女蛮

喧嘩のために退学させられてばかりいる男子中学生・女蛮子。またしても退学処分を喰らい、新しく女尊学園に転入することになるが、名前のせいで、女子と間違われて手続きが進んでしまう。セーラー服に身を包んで登校... 関連ページ:おいら女蛮

SHARE
EC
Amazon
logo