• 猫目小僧 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 妖怪百人会

妖怪百人会

妖怪百人会

猫目小僧(漫画)の「小人ののろい(改題「妖怪百人会」)」に登場する組織。読みは「ようかいひゃくにんかい」。

登場作品
猫目小僧(漫画)
正式名称
妖怪百人会
ふりがな
ようかいひゃくにんかい
関連商品
Amazon 楽天

概要

会長は小人さまと呼ばれている。醜い姿ゆえに世間に迫害されたという記憶を持つ人間の集まりで、醜い心を持つ人間を醜い容姿に作り変えようと行動する。だが、メンバーの正体は、小人が額にできた1つの目から発揮する力で、病院にある臓器の標本を人間化させたものであった。

登場作品

猫目小僧

猫目小僧は大峰連山の山中で、300年に一度しか生まれない猫又の子として誕生したが、人間に近い容貌のため妖怪一族に拒絶され、人間の村に捨てられる。妖怪にも人間にも忌み嫌われながら一人旅を続ける猫目小僧は... 関連ページ:猫目小僧

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
猫目小僧
logo