猫目小僧

猫又の子に生まれながら、人間に近い容貌を持ち、妖怪からも人間からも忌み嫌われる猫目小僧が、ダーク・ヒーローとして活躍するオムニバス・ホラー作品。1967~1968年に、「不死身の男」「みにくい悪魔」が月刊少年漫画誌に掲載。1968~1969年には、「妖怪水まねき」「大台の一本足」「小人ののろい(改題「妖怪百人会」)」「妖怪肉玉」「妖怪千手観音」が週刊少年漫画誌に連載。1976年、「手」「階段」「ともだち」「約束」が、別の週刊少年漫画誌に単発の読み切りで掲載された。

  • 猫目小僧
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
猫目小僧
作者
ジャンル
ホラー一般
 
アドベンチャー一般
レーベル
サン・コミックス(朝日ソノラマ) / サンワイド コミックス(朝日ソノラマ) / スーパー・ビジュアル・コミックス(ビズコミュニケーションズジャパン) / ビッグコミックススペシャル(小学館)

総合スレッド

猫目小僧(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

妖怪百人会(猫目小僧)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:39
鉄司(猫目小僧)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:39

新着関連スレッドもっとみる

概要

猫目小僧は大峰連山の山中で、300年に一度しか生まれない猫又の子として誕生したが、人間に近い容貌のため妖怪一族に拒絶され、人間の村に捨てられる。妖怪にも人間にも忌み嫌われながら一人旅を続ける猫目小僧は、様々な怪奇の事件に巻き込まれるが不敵に立ち向かうのだった。

登場人物・キャラクター

主人公
大峰連山の山中で、300年に一度しか生まれない猫又の子として誕生する。難産のため母親は死亡した。大妖怪が生まれるはずの丙午の年だったが、人間に近い容貌をしており、妖怪一族に拒絶されて殺されそうになる。...
『猫目小僧』の「妖怪水まねき」に登場する男性。奈良県吉野郡上市町の町はずれに住む。大峰連山に山葵を採りに行った時、身元の分からない多由を見つけて嫁にし、子どものミツグをもうけた。ある夜、大峰からうめき...
『猫目小僧』の「妖怪水まねき」に登場する独身女性。猫目小僧が生まれた大峰連山を南に山越えした、新宮近辺にある海沿いの村に祖父と2人で住む。海を見下ろす丘に一体の仁王を安置した堂があり、美々は「私に子ど...
『猫目小僧』の「妖怪水まねき」に登場する妖怪。津波を呼ぶ妖怪で、高い所に行くほど大きな津波を呼ぶ。人間に取り憑き、自分を高所へ運ばせようとする。昼間は石で、この間に割れば退治できる。猫目小僧が育った海...
『猫目小僧』の「大台の一本足」に登場する、大台と呼ばれる山の中にいる一本足の妖怪。昔から、大台のどこかに古い釘が一本刺さっており、それは呪いの釘で見た者は死ぬと言い伝えられていた。猫目小僧は大台でこの...
『猫目小僧』の「小人ののろい(改題「妖怪百人会」)」に登場する人物。見かけだけ美しくて心の卑しい人間を、心にあった醜い姿に作り変えようとする妖怪百人会の会長。百人目のメンバーとして猫目小僧を勧誘する。...
『猫目小僧』の「妖怪肉玉」に登場する妖怪。奈良県五条市の桜木家の人間だけが見る腫瘍の塊のような妖怪で、見た者は必ず死ぬ。正体はがん細胞で、当初は幻覚だったが、桜木家の人々の強い恐怖心により実体化してし...
『猫目小僧』の「妖怪肉玉」に登場する、手も足もない妖怪。知能が低く喋れない。猫目小僧がねぐらにしていた天井裏に現れ、火事の時、先が手になった長い舌を伸ばし、猫目小僧を引き摺り込んで助けを求める。猫目小...
『猫目小僧』の「妖怪千手観音」に登場する妖怪。山中にある姫神村の寺に祀られた千手観音像に春香(しゅんか)という尼僧が仕え、生き血を飲ませ続けたため悪鬼と化す。村人が千手観音像に願い事を言うと、春香は千...
『猫目小僧』の「不死身の男」に登場する、どんなに殺しても死なない男。再生する能力がある。武夫という少年の父親ががうっかり自動車ではねてケガをさせてから、これにつけこみ、金持ちであるその屋敷の財産を乗っ...
『猫目小僧』の「みにくい悪魔」に登場する男。家柄の良い家に生まれ、両親は美形だが、赤ん坊を取り上げた老婆が気絶したほど醜い容貌をしている。性格も残酷で、子どもの頃、近所の男の子の目を手でつかみ取った。...
『猫目小僧』の「みにくい悪魔」に登場する、生命の創造に関心を持つ博士。醜い悪魔と呼ばれる男の父親に豹の脳を移植し、「芸術品」と呼ぶ。醜い悪魔の父親は化け物のように醜い息子をまともにしようと必死で、妖怪...
『猫目小僧』の「手」に登場する少年。自宅の部屋に地獄が現れるようになり、亡者の中に母親の姿を見つける。たくみは崖から落ちそうになっている母親に手を伸ばし、その手を掴むと地獄は消える。母親は普段と変わら...
『猫目小僧』の「階段」に登場する小学生男子。母親を亡くし、ずっと忘れられずに嘆き悲しみ、ひと目見るだけでいいと願う。一カ月ほど前から天井裏に住んでいた猫目小僧が同情し、ひと目だけ合わせると約束してちひ...
『猫目小僧』の「ともだち」に登場する子浜小学校に通う少年。鉄司の親友で一緒に海岸で釣りをする。運動音痴で、鉄司がサッカー部に入ったため、次第に一人ぼっちになる。ある日、1人で釣りに行くと、鉄司が友人た...
『猫目小僧』の「ともだち」に登場する子浜小学校に通う少年。モトムの親友で一緒に海岸で釣りをしていたが、サッカー部に入ったため、運動音痴のモトムは一人ぼっちになる。自分だけの友達にしようと思ったモトムに...

集団・組織

『猫目小僧』の「小人ののろい(改題「妖怪百人会」)」に登場する組織。会長は小人さまと呼ばれている。醜い姿ゆえに世間に迫害されたという記憶を持つ人間の集まりで、醜い心を持つ人間を醜い容姿に作り変えようと...