宿参ノ王

宿参ノ王

仙術超攻殻 ORION(漫画)の登場人物。読みは「すさのお」。

登場作品
仙術超攻殻 ORION(漫画)
正式名称
宿参ノ王
ふりがな
すさのお
関連商品
Amazon 楽天

概要

暗黒神。破壊神。フゼン道人が九頭龍を破壊すべく召喚した、念度9億8千万の念積体が実体化した金剛羅漢。だが「出雲望度(イズモモード)」で召喚されたため本来の力を出せず、一旦は制御用の「駆式」を手にしたセスカによって送り返される(多面性を持つ神である宿参ノ王は、単なる破壊神としてふるまう「高天ケ原望度(タカマガハラモード)」と、破壊神以外の側面も見せる「出雲望度(イズモモード)」があり、前者の方が圧倒的に力を奮える)。

しかし、直後に召喚ではなく自らの意思で再臨する。

登場作品

仙術超攻殻 ORION

日本神話、クトゥルー、量子力学などが混在した世界を舞台に繰り広げられる神々の戦いを描いたSFファンタジー。後の代表作『攻殻機動隊』における描写のルーツとも言える表現や、ダブルミーニングを狙った言葉遊び... 関連ページ:仙術超攻殻 ORION

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
セスカ
集団・組織
ヤマタ人民帝国
その他キーワード
念積体
龍法
logo