山田 大介

山田 大介

青空エール(漫画)の登場人物。読みは「やまだ だいすけ」。別称、大介。

登場作品
青空エール(漫画)
正式名称
山田 大介
ふりがな
やまだ だいすけ
別称
大介
関連商品
Amazon 楽天

概要

小野つばさの1年と2年のクラスメイト。1月20日生まれ。大きな体で坊主頭。野球部員で、ポジションはキャッチャー。右投げ右打ち。中学時代から注目されており、先輩を慕って白翔高校に来た。甲子園出場を夢見ている。巨人ファンの父とのキャッチボールの延長でリトルリーグに入り、その監督からお前はキャッチャーだと指名された。

それ以来、自分はキャッチャーだと思ってきたという一途な性格。1年の夏には補欠でベンチ入り。予選大会で怪我をした正捕手に代わって出場したものの、サヨナラエラーをしてしまい敗退。その際小野つばさが独断でトランペットを吹いて励まそうとした。1年の秋には練習中に骨折して、選手生命が危ぶまれた。

復帰後は怪我の驚怖から調子を崩し、期待されていたにもかかわらず2年ではベンチ入りもできなかった。2年の秋からはキャプテンとなる。3年でついに甲子園大会出場を果たした。中学から野球部で一緒のピッチャーの城戸保志とは親友。野球部のキャプテンとなって以降は特に厳しく鍛えた。

人前では滅多に弱音を吐かないため「超人」とも言われるが、やはり不安を抱えていた。そのような際、初心者として吹奏楽部で頑張ろうとしているつばさに共感し、元気をもらう。はたから見るとつばさが励まされてばかりに見えるが、くじけないつばさに応援されている。1年の夏につばさから告白されたときは、それどころではないと断り、2年の夏の告白は返事はいらないと言われたが、後日、自分も好きだと告白。

ただし、「付き合うのは甲子園に行ってから」とした。

関連人物・キャラクター

小野 つばさ

やや小柄で気の弱い女の子。北海道札幌市立白翔高校に入学し、吹奏楽部に入部。楽器はトランペット。3月2日生まれ。小学生の頃に、甲子園で野球部を応援するブラスバンドをテレビで見て心を奪われた。「いつか自分... 関連ページ:小野 つばさ

関連キーワード

北海道札幌市立白翔高校

創立72年で、吹奏楽と野球の名門として知られる。野球部は、甲子園出場12回(春5回、夏7回)、吹奏楽部は全国大会金賞16回。しかし、近年はいずれも芳しくない。野球部は山田大介が3年のときに10年ぶりの... 関連ページ:北海道札幌市立白翔高校

登場作品

青空エール

吹奏楽と野球の名門校として名高い北海道札幌市立白翔高校を舞台に、初心者の吹奏楽部員の小野つばさと、期待の野球部員・山田大介が甲子園を目指す物語。 関連ページ:青空エール

SHARE
EC
Amazon
logo