怪、刺す

怪、刺す

怪異蒐集家として知られる木原浩勝が集めた「実際にあった怪異譚」にホラー漫画界のプリンス伊藤潤二が挿絵を描くという、絶叫絵噺集。「ゲッサン」創刊号から2010年8月号まで連載された作品。

正式名称
怪、刺す
作者
作者
ジャンル
怪奇
 
ホラー一般
 
猟奇
 
オカルト
関連商品
Amazon 楽天

概要

都会暮らしに見切りをつけて、とある島に移り住んだAさん夫婦。ある朝、Aさんが目を覚ますと、妻の様子がおかしい。野太い声で「ついてこい」という妻の首には、男の顔のように見えるゴルフボール位の膨らみがあった。また、I子さんが中学2年生の頃、学校の図書室で姿が消える赤いスカート姿の女の子に遭遇し、学校は騒然とする。

その他、全国から集めた、実際にあった怪異体験談が語られる。

登場人物・キャラクター

Aさん

都会暮らしに見切りをつけて、妻と共にとある島に移り住んだ男性。妻の異変に気付き、お寺の住職に助けを求める。

I子さん

中学2年生の頃、学校の図書館で不思議な赤いスカート姿の女の子に遭遇する。

Mさん

小学生の頃、お盆の晩に3年前に亡くなった隣家のおじいさんをみかけ、以後もおじいさんの姿を目撃する。

E子さん

高校の演劇部に所属しており、文化祭でピノキオの人形を使った腹話術を演じることになるが、不思議な体験をする。

Tさん

大学のサークルの合同合宿で写真撮影係を担当する。合宿に参加している女子学生のなかに、飛びぬけて綺麗な女性を見かけ、写真を撮影する。

S子さん

大学受験を控えた高校生。とある雪の日、裸足で歩く不思議な女性を目撃したことから、恐ろしい体験をする。

N子さん

小学生。自宅のタンスに不思議な障子紙が貼ってあるのを目撃し、そこに巨大で真っ黒な唇が出現するという、不思議な体験をする。

SHARE
EC
Amazon
logo