キツネ目の少女

キツネ目の少女

人間に化けたキツネが自然を荒らす村人たちを恐怖に陥れるという伝説と、その真偽を確かめようとする少女の身に起こる不可思議な出来事をミステリータッチで描く。ホラー漫画の定石を踏まえつつ、田舎で生まれ育った純朴な少女と都会からやって来た高慢な少女との対立という対称的な図式が、ストーリーの軸となっている。楳図かずおの故郷である、奈良県南部の奥吉野地方に古くから伝わる民間伝承をベースとした作品。

正式名称
キツネ目の少女
ふりがな
きつねめのしょうじょ
作者
ジャンル
オカルト
 
ホラー
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

奥吉野の山奥にある過疎の村に住む女子中学生、さつきは古くから村に伝わる「キツネ伝説」に深い関心を抱いていた。村の大人たちが信じているこの伝説が事実なのか、ただの迷信なのかを解明するために、さつきは独自の調査と研究を続けていた。ある日、村長の親戚の少女である奈美子が東京から村にやって来る。奈美子は「キツネ伝説」が迷信であることを証明すると意気込んでいた。さつきは高慢な態度で、村人を見下す奈美子と対立して激しく口論する。そんな中、奈美子がふたまたキツネに取り憑かれ、次々に奇行を見せ始めたことで村中が大騒ぎとなる。さつきは、奈美子に取り憑いたふたまたキツネの言葉に従うことで、キツネ伝説の真相にせまる決心をするのだった。

登場人物・キャラクター

さつき

村で生まれ育った中学生の女子。五月生まれなことから「さつき」の名前が付いた。毎日となり村の中学校まで通学している。好奇心旺盛な性格で、村人たちが信じている「キツネ伝説」の真相を解き明かそうと研究を続けている利発な少女。

かんな

小学生の女の子でさつきの妹。十月生まれなことから「かんな」の名前が付いた。木登りが好きなやんちゃでお転婆な性格をしている。姉のさつきとはつねに喧嘩ばかりしているが、実際は亡き母の代わりに甘えられる存在として慕っている。

おばあちゃん

さつきとかんなの祖母。父子家庭で育つ孫娘のために、母親代わりとなって面倒を見ている優しい性格の持ち主。「おキツネさま」の命日にはお供え物を欠かさないほど、「キツネ伝説」を深く信じている。持病の神経痛が悩みの種となっている。

おとうさん

さつきとかんなの父親。見た目は瘦せ型のイケメンだが、いつも労務者風のスタイルでキセルをくわえている。ふだんは優しいが、一度怒ると娘たちが縮み上がるほど怖い存在となる。

奈美子

村長の親戚の女子。夏休みの課題で「キツネ伝説」を題材にするため、東京からさつきたちが住む村にやって来る。美少女ながら傲慢な性格で、さつきとは意見の相違から激しく対立している。

重太郎

村に住む猟師の中年男性。一人娘のつぐみと二人で暮らしている。猟の腕には非常に自信を持っており、自分が仕留めた数々の獣の毛皮を家に飾って来客に自慢している。

つぐみ

重太郎の一人娘の少女。家の中で寝たきり状態のため、外に出ることはない。長髪で顔を隠しており、その素顔を見た村人は少ない。猟師の父親である重太郎の殺生がたたり、寝たきりの体になってしまったと村人は噂している。

ふたまたキツネ

さつきが住む村に古くから言い伝えられている妖怪。全身白い毛で覆われた大型のキツネで、尻尾が二つに割れている。若い女性に化けて人間を襲うとされている。信心深い村人からは「おキツネさま」と呼ばれ、村人が「おやしろ」と呼ぶ村はずれにある祠に祀られており、信仰の対象ともなっている。獣狩りなどの殺生をすると、祟られると恐れられている存在。

SHARE
EC
Amazon
logo