摩陀羅

魍魎戦記MADARA(漫画)の主人公。読みは「まだら」。金剛国八大将軍とはライバル関係。ミロク帝とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
魍魎戦記MADARA(漫画)
正式名称
摩陀羅
ふりがな
まだら

総合スレッド

摩陀羅(魍魎戦記MADARA)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

赤子の時、父親のミロク帝に強大な力を恐れられ、身体を8つに割かれ捨てられた少年。白修羅一族(ひじゅらいちぞく)の村でタタラという村人に拾われ、欠損した手足などを義肢に霊力を合わせたギミックで補われて普通の生活ができるようになった。麒麟という仲の良い幼馴染がいる。

魍鬼の襲撃により自身の運命を知ると、タタラから聖剣クサナギを授かり、彼の遺言を聞いて真実の体を取り戻すため金剛国八大将軍を倒す旅に出る。

登場人物・キャラクター

理想郷アガルタの王座を狙う金剛国の帝王。主人公・摩陀羅と、その双子の兄・影王の父親でもある。摩陀羅の持つ強大な力を恐れて彼の体を8つに割き、自分の手下である金剛国八大将軍の中にそれぞれ分けた。摩陀羅と...
幼いころから摩陀羅と同じ村で育ち、彼を見守りながら面倒をみている女性。旅に出る際、摩陀羅の霊力を増幅させる勾玉のネックレスを育ての親タタラから託された。麒麟の身体には他人の霊力を増幅させる不思議な力が...

関連キーワード

『魍魎戦記MADARA』に登場する軍隊。金剛国の帝王ミロク帝が地上に召喚した8体の強力な魍鬼達で、それぞれが主人公・摩陀羅の体の一部と霊力を奪っている。8体は協力することなく、別々に行動している。
『魍魎戦記MADARA』の主人公・摩陀羅が使う技。霊気で剣を覆い、攻撃力を高める技。非常に威力が強く、一般の剣ではその力に耐えらないため、技を出すには聖剣クサナギが必要となる。

登場作品

巨大な力を恐れたミロク帝に身体を8つに割かれて生まれた主人公摩陀羅は、育ての親タタラの遺言により自分の身体と霊力を奪った8人の魍鬼を退治する旅に出る。旅の中で金剛国の兵士を味方につけ、闇の帝王ミロク帝...