MADARA ギルガメシュ・サーガ

MADARA ギルガメシュ・サーガ

宿敵ミロクを追い転生したマダラを探し、様々な世界を旅するカオスとユダヤ。彼らを縛る悲劇的な宿命と戦いを描くファンタジー・バトルもの。登場人物が108回の転生を繰り返して戦う設定のファンタジー『魍魎戦記MADARA』シリーズの続編のひとつ。時系列としては、『魍魎戦記摩陀羅MADARA赤』の後にあたる。当初は『ギルガメシュ・サーガ』として刊行されたが、後に短編『死海のギルガメシュ』『蒼の漂泊者』『二天童児譚』『夜の少年』を併せた形で『MADARA青』と改題して再刊行された。田島昭宇作画の同名タイトル作品『MADARA青』は同じくカオスのその後を描いたものではあるが、内容は異なる。原作は大塚英志。

正式名称
MADARA ギルガメシュ・サーガ
原作者
大塚英志
作者
ジャンル
ファンタジー一般
 
バトル
関連商品
Amazon 楽天

概要

『魍魎戦記摩陀羅MADARA赤』において転生の門を開いたユダヤ。しかしユダヤは門の中でミロクに出会い、転生を行いマダラを追いかけるには、赤の戦士であるユダヤと対になる青の戦士カオスと一緒に出なければ、マダラを追い続けることはできないと告げられる。そこでユダヤは、ジャミラと結婚し一子アレクサンドールをもうけ幸せに暮らすカオスの元を訪れる。

カオスの幸福な暮らしを壊すまいと身を引く決意を固めたユダヤだったが、カオスユダヤが余命いくばくもないことを知り、二人で門を開き不老不死の体を手に入れることを決意する。門を開き、約百年ほど未来のエデンに現れた二人は、マダラの転生と思しき少年デューと出会う。

しかしエデンの王に即位したデューは強国アレクサンドリアへの出兵を命じる。戦に巻き込まれていくなかで、二人は再び自分たちの持つ宿命と直面させられることとなる。

登場人物・キャラクター

主人公

『MADARA ギルガメシュ・サーガ』の主人公のひとり。マダラの眷属で、青の戦士カオスと対を為す二天童子・赤の戦士。赤い髪の青年。軽薄で明るい性格。親友・カオスとは従兄弟にあたる。左手はマダラの使わな... 関連ページ:ゲド=ユダヤ

主人公

『MADARA ギルガメシュ・サーガ』の主人公のひとり。マダラの眷属で、赤の戦士ユダヤと対を為す二天童子・青の戦士。白い髪の青年。冷静沈着。優しさと残酷さを併せ持つ性格。親友・ユダヤとは従兄弟にあたる... 関連ページ:カオス

カオスの妻。カオス、ユダヤとは元々幼馴染。マダラと共に金剛国のミロク帝を倒した戦いの後(『魍魎戦記MADARA』)、カオスと結婚、一子アレクサンドールをもうけ隠遁生活を送っていた。しかしユダヤが現れた... 関連ページ:ジャミラ

カオスとジャミラの息子。カオスに瓜二つの面差しを持つ。自分たちを捨てたカオスを激しく憎みつつも、愛情を捨てきれないジャミラに対して複雑な思いを抱えながらも尽くす。青年に成長して後、アレクサンドリアの王... 関連ページ:アレクサンドール

アガルタの眷属である破壊を司る男。『魍魎戦記MADARA』においてマダラと共に転生の門を開いた後、「七度愛する息子に殺される」という禊を済ませ呪いから脱した。黒衣をまとってあらゆる場所に現れ、ユダヤや... 関連ページ:ミロク

エデンに住む少女。アルル神殿で生まれ、巫女となる将来を約束されていた。血のつながらない弟・デューを溺愛している。デューがエデンの王に即位するにあたり、カオスの計らいで一緒に宮殿に入った。王としての権勢... 関連ページ:ピュラ

エデンに住む少年。アルル神殿でピュラの弟として育てられたが、血はつながっていない。しかし王家の血が途絶えたことから古い分家であるアルル神殿の子として王位継承資格があるとされ、急遽エデンの王に即位した。... 関連ページ:デュー・カリオン

エデンの経済的重鎮アダマー家の長男。13年前に宮殿の地下にあるアガルタの門を開こうとして影王に阻まれ、反逆者として流刑地に送られた。しかしそこでヒジュラの技術によって体を半機械化。13年の追放期間を生... 関連ページ:ザイン

黒い髪の男。青年の姿をしているが、体のほとんどがギミックでできているため外見が老いないだけで、実際は100歳以上。マダラと共に金剛国のミロク帝を倒した戦いの後(『魍魎戦記MADARA』)、千年王国の使... 関連ページ:シャモン

かつてホウライ国でカオスに仕えていたヒジュラの賢者。ザインを半機械人に改造した本人でもあり、彼が発注した機械兵と共にエデンにやってくる。マダラではなく、カオスこそを世界を統べる真王とすることが願い。 関連ページ:ジョフク

アレクサンドリアの少年。アレクサンドールによってユダヤと引き合わされる。ユダヤに対しては「マダラ」であると名乗るが、実際は影王の転生体の一部。額に太陽のチャクラを持つ。アレクサンドリアが千年王国に侵攻... 関連ページ:バル=コケバ

千年王国の第二皇女。ユダヤの妹の孫。千年王国がアレクサンドリアの侵攻を受けて滅んだ際、コケバによって命を救われ、以降行動を共にしている。妣の力の化身のひとり。 関連ページ:ヒミカ

光の皇子マダラと対になる存在である、闇の皇子。金剛国の戦いでマダラに敗れて以降(『魍魎戦記MADARA』)、マダラの魂と共に門の中で休息の時を過ごしていたが、13年前エデンでザインがアガルタの門を開こ... 関連ページ:影王

光の皇子。赤の戦士と青の戦士、そして妣の力の化身たる女性を従え、アガルタと現世を統べる真王になる資格を持つ存在。しかし金剛国におけるミロクとの戦いで真王になることを拒否し、異世界へ逃れようとしたミロク... 関連ページ:マダラ

アレクサンドリアの都市ニルヤの司祭王。長髪の美しい青年。正体はマダラの使徒の一人であり、魍鬼八大将軍の一人でもある妖焔候戊倭主。ジョフクに召還され、カオスの左半身を守護していた。 関連ページ:ボイス

コケバに仕える青年。マダラの使徒の一人であり、魍鬼八大将軍の一人でもある蛇括神憑分。影王とその転生体に強い執着を持っている。 関連ページ:ヒョウブ

場所

エデン

海に浮かぶ小国家。交易を中心に栄えてきた。「エレボス家」と「ニュクス家」、「ウルク家」の3つの血筋からなる王家によって支配されている。宮殿の地下にはアガルタへの門が存在している。首都はアクロポリス。 関連ページ:エデン

アレクサンドリア

三つの大陸を支配する巨大な帝国。アレクサンドールが兄弟たちと共に治めている。 関連ページ:アレクサンドリア

エッセネ

『MADARA ギルガメシュ・サーガ』に登場する国家。エデンとアレクサンドリアの間に位置する小島にある都市国家。巫女王ゼノビアが統治している。良質なオリハルコンが産出される。 関連ページ:エッセネ

千年王国

『MADARA ギルガメシュ・サーガ』に登場する国家。アレクサンドリアの東方にあり、アレクサンドールの侵攻によって滅んだ。『魍魎戦記MADARA』の舞台。 関連ページ:千年王国

その他キーワード

アガルタ

『MADARA ギルガメシュ・サーガ』に登場する用語。世界各地に存在する門の向こうにあるという異世界。理想郷とも神の国とも魔界とも伝えられている。 関連ページ:アガルタ

クレジット

原作

SHARE
EC
Amazon
logo