文渡 蘭菊

文渡 蘭菊

からくりの君(漫画)の主人公。読みは「あやわたり らんぎく」。

登場作品
からくりの君(漫画)
正式名称
文渡 蘭菊
ふりがな
あやわたり らんぎく
関連商品
Amazon 楽天

概要

かつて狩又貞義に滅ぼされた文渡家の生き残り。世慣れておらず、一般常識に疎い。幼い頃から父文渡久重に仕込まれたおかげでからくり人形を手足のように扱える。睚弥三郎と共に狩又貞義に戦いを挑むが、その動機は敵討ちではなく、自分や家族を顧みない父が愛したからくり人形を憎むが故のことだった。

自らも死ぬつもりで死なずの忍びを巻き込んで自爆するが、睚 弥三郎に諫められ、共に狩又貞義と戦う。

関連人物・キャラクター

睚 弥三郎

文渡蘭菊に雇われ、共に戦う忍者。実は幻術の達人、加当段蔵。実力が優れすぎているゆえに誰からも雇われなくなり、素性を隠して下忍として働いていた。 文渡蘭菊を適当なところで見捨てるつもりだったが、必死に戦う姿を見て考えを改め、彼女に仕えるようになる。

狩又 貞義

文渡蘭菊の文渡家を滅ぼし、彼女の父が作っていたからくり人形の技術を奪い取る。からくり人形を兵器として転用した狩又貞義は、死なずの忍軍団を率いて急速に勢力を広げる。領内の子供をからくり人形の材料として連行するなど、非道の限りを尽くしていたが、文渡蘭菊と睚弥三郎に倒される。

関連キーワード

太郎丸

文渡蘭菊の父が遺したからくり人形。武士のような姿をしており、刀で戦う。全身から糸が伸びており、文渡蘭菊がこれをたぐって操ることによりからくり人形を破壊するほどの強い力が出せる。

登場作品

からくりの君

非道な領主狩又貞義に家を滅ぼされた文渡蘭菊は、巨大なからくり人形を携え、忍者の睚弥三郎と共に、狩又貞義に戦いを挑む。 関連ページ:からくりの君

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
集団・組織
その他キーワード
logo