曽山 一寿

曽山 一寿

正式名称
曽山 一寿
ふりがな
そやま かずとし
別称
園山 和斗
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本の漫画家。男性。小1の頃、沢田ユキオの「スーパーマリオ」を題材にしたマンガを読んで感銘を受け、漫画家になることを志す。高校時代から「月刊コロコロコミック」に持ち込みを開始したが、デビューには至らず、その後持ち込み先を「コミックボンボン」に変え、同誌執筆陣のアシスタントを勤めるなどした。また、18歳から2年間劇団に所属し、役者として全国を回る活動も行った。2000年に投稿した作品『ぼくのおじいちゃん』で第47回小学館新人コミック大賞児童部門佳作を受賞。2001年、「月刊コロコロコミック」に『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』が掲載され、漫画家デビュー。同年、「別冊コロコロコミック」誌上で『探偵少年カゲマン』(原作:山根あおおに)の連載を開始。さらに同年、「月刊コロコロコミック」10月号にて『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』の連載が開始された。同作品は読者の支持を得て長期連載となり、2004年度第50回小学館漫画賞児童向け部門を受賞した。

ヒストリー

1978年9月24日

東京都に生まれる。

2000年

『ぼくのおじいちゃん』で第47回小学館新人コミック大賞児童部門佳作を受賞。

2001年

「月刊コロコロコミック」に『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』が掲載され、漫画家デビュー。

2001年

初連載作品『探偵少年カゲマン』(原作:山根あおおに)が「別冊コロコロコミック」にてスタートする。

2001年9月

「月刊コロコロコミック」10月号にて『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』の連載が開始。

2005年

第50回小学館漫画賞児童向け部門を受賞。

受賞

2000年

第47回  小学館新人コミック大賞佳作/『ぼくのおじいちゃん』  児童部門

2004年

第50回  小学館漫画賞/『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』  児童向け部門

作品

2001年5月

探偵少年カゲマン

作者

2001年

絶体絶命でんぢゃらすじーさん

作者

2010年3月

でんぢゃらすじーさん邪

作者

2014年10月

でんぢゃらすリーマン

作者

2015年3月

みかくにん ゆーほーくん

作者

2015年

でんぢゃらすじーさん特別編 でんぢゃらす王国

作者

2017年

なんと! でんぢゃらすじーさん

作者

2020年

神たま

作者

SHARE
EC
Amazon
logo