なんと! でんぢゃらすじーさん

なんと! でんぢゃらすじーさん

世の中の安全のために戦うと称して奇行を続けるパワフルなじーさんと、そんなじーさんに振り回され、突っ込みを入れ続ける孫の姿を描いた、ハチャメチャかつドタバタなギャグ漫画。『でんぢゃらすじーさん邪』の続編にあたる作品で、1巻には『でんぢゃらすじーさん邪』のコミックス未収録分も掲載されている。「月刊コロコロコミック」2017年4月号から掲載の作品。

正式名称
なんと! でんぢゃらすじーさん
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

小学校に行こうとしていたは、祖父であるじーさんから、外には危険が一杯あるという理由で登校を引き止められる。危機回避の方法を伝授するため、孫に同行したじーさんは、単なる横断歩道を悪魔の橋扱いして大騒ぎしたり、犬から逃げるために「でんぢゃらすじー車ん」なる得体の知れない自動車を使うなど、あちらこちらで奇行を繰り返す。そんな中、不良に因縁をつけられてしまった孫を助けるため、バトルモードを解放したじーさんは、巨大な顔と足だけの不気味な姿に変貌を遂げ、不良を撃退しようとするのだった。(エピソード1「じーさんじゃっっっ!!!」。ほか、6エピソード収録)

第2巻

楽しい夏休みを迎え、テンションが爆上げとなっていたじーさん。しかし、年金暮らしの自分にとって夏休みはなに一つ関係がない事に気づいてしまい、その反動で夏休みに対する怒りと憎しみが爆発してしまう。夏休みにうかれるに理不尽な怒りをぶつけていたじーさんの前に、孫が通う小学校の校長が現れる。校長は、孫とじーさんの苦しむ顔が見たいという教育者にあるまじき理由で、大量の宿題を彼らの自宅まで届けに来ていた。すさまじい量の宿題を前に途方に暮れた孫の姿を見たじーさんは、オリジナルの勉強方法を実践しつつ、孫にその勉強法を伝授しようとするのだった。(エピソード7「夏休みの宿題じゃっっっ!!!」。ほか、9エピソード収録)

第3巻

突如姿を消したじーさんを探していたは、じーさんの部屋で巨大な人の顔した謎の入口を発見する。中に入った孫が見たのは、漫画部屋やプール、バッティングセンターにすもう部屋などが連なる、巨大なひみつ基地だった。迷路のように入り組んだひみつ基地に驚愕する孫に対し、じーさんはそれぞれの部屋の解説をはじめる。ひとしきり楽しみ、トイレに行くために席を立った孫は、そこで完全に迷ってしまう。さらに、出口付近で周囲を徘徊するボスと遭遇してしまった孫は、じーさんの助けもあり、なんとかひみつ基地からの脱出に成功するのだった。(エピソード18「ひみつ基地を探検じゃっっっ!!!」。ほか、10エピソード収録)

登場人物・キャラクター

じーさん

頭頂部がすっかり禿げ上がり、ちょび髭を生やした老人。らくだシャツを着て腹巻をした、一見するとただのお爺さん。この世の安全を守るために日々活動しているパワフルな男性で、孫を守ると宣言して、登校の付き添いから運動会まで、さまざまなイベントや行事に首を突っ込んでいた。思い立ったら即行動を信条とするパワフルな性格で、校長と組んで「でんぢゃらすサーカス」なるサーカスを開いたり、趣味のハンバーガーショップを始めてしまうなど、驚異的な行動力を発揮する。人間離れをした身体能力の持ち主でもあり、胴体を蛇のように伸ばしたり、バトルフォームと称して顔と足だけの奇怪な姿に変身する事もできる。ウンコをネタする事が多く、校長を相手にウンコでバトルを展開する事もあった。家の地下を広げて、ひみつ基地と称した巨大なプライベート空間を作っている。孫の事はなんだかんだで大切に思っており、誕生日に手作りの怪しげな人形、ケツひこくんを贈ったり、便器を使った回転寿司でアルバイトをさせ、労働の大切さを学ばせたりしていた。

(まご)

小学生の男子。じーさんの孫。明るくて元気な、ごくふつうの少年。あちらこちらで日々大暴れしているじーさんの行動に対し、その都度的確な突っ込みを入れている。突っ込みを入れている時の顔芸の迫力は常人を遥かに上回っており、非常に深みのある表情を見せる。じーさんには日々の生活で過剰に口出しをされており、いろいろ迷惑をかけられているが、じーさんの事は呆れつつも慕っている。

校長 (こうちょう)

頭頂部が薄くなっている中年の男性。孫が通っている小学校の校長を務めている。この世で自分が一番偉いと公言している尊大な性格。遅刻をした孫におしおきをしようとした際、じーさんに戦車砲で撃たれた事がきっかけとなり、じーさんのライバルとして、あらゆる場面でバトルを繰り広げるようになる。

ゲベ

猫っぽい姿をした謎の動物。性別はオスで鳴き声は「ゲベー」。じーさんのペットで、じーさんが目の中に入れても痛くないほど溺愛している。性格はおとなしいが戦闘力は非常に高く、強烈な高速パンチを繰り出したり、舌を拳のような形状にして相手を殴ったりできる。日本各地にいろんな種類のゲベがおり、頂点に立つゲベを決めるゲベトル大会が開催されていた。

遠足の神 (えんそくのかみ)

遠足を司る神様。性別は不詳。人間に似た姿をしているが、頭にあたる部分が存在しない。代わりに胴体に大きな顔が張り付いており、ムキムキの両腕と貧弱な両足を持つ。遠足に行こうとしていた孫の前に姿を現し、遠足の危険から身を守る方法を教えようとしたが、キャラがかぶるという理由でじーさんからボコボコにされてしまう。

ケンタウロス

上半身が人間、下半身が馬という伝説の生物。性別は男性。じーさんの家の冷蔵庫に住んでいる。じーさんが時折、ケンタウロスの下半身のお尻部分に入り込むという、意味不明なアルバイトをこなしていた。かなり怒りっぽい性格で、冷蔵庫のドアを勝手に開けた孫に対し、前足による強烈な蹴りを入れていた。

ニセ近藤 (にせこんどう)

変人の男性。頭に眼鏡を乗せてマントを羽織り、「近」という一文字が入った派手な服を着ている。「近藤」そっくりの格好をしてじーさんを驚かせ、実は別人であるというネタで楽しもうとしていた。しかし、基となる本物の「近藤」という人物をじーさんが知らなかったため、この遊びは不発に終わる。じーさんに対し、「近藤を知らないの!?」と驚愕していた。

メカ近藤 (めかこんどう)

輝くボディを持つメタリックなロボット。ニセ近藤の次にじーさんの前に現れ、「近藤の3倍の性能を誇る」という、趣旨が意味不明な自慢をしていた、しかし、基となる本物の「近藤」という人物をじーさんが知らなかったため、このネタも不発に終わる。じーさんに対し、「近藤シラナイの!?」と詰め寄るなど、ニセ近藤と同じリアクションをしていた。

サンタ

クリスマスシーズンになると、子供達にプレゼントを配っているお爺さん。夏はシーズンオフでヒマなため、死んだ目をしながら部屋の片隅でじっとしている。夏休みの課題として観察日記があった孫は、じーさんの勧めでサンタの観察日記をつける事になった。

横山 良広 (よこやま よしひろ)

子供番組「みんなといっしょにガラぴこプゥ~~」のマスコットキャラクター。性別は男性。中身が透けている熊のような着ぐるみの中に、貧相なおっさんが入っている。おっさんが外から丸見えなため、非常に不気味。子供達からも大不評だった。

最強さん (さいきょうさん)

シルエットが黒く、全貌がはっきりしない巨大な男性。つねに正座をしている。史上最強のおじさんとされており、ギザギザの髪型に白目をむいた、凶悪な風貌をしている。空地のとなりにある家に住んでおり、じーさんが誤って最強さんの家に蹴り込んでしまったボールを取りに行った際は、怒ってじーさんを頭から貪り食い、ウンコにしてしまう。下ネタが大嫌い。

巻具曽 ベンキー (まきぐそ べんきー)

便器の形をした頭に、マキグソを乗せている謎のキャラクター。性別は不詳。便器愛を競う「便キング決定戦」の司会を務めていた。参加者に対し、「便器はスキかぁー!!」「便器と結婚したいかぁーっ!!」とマイクで煽っていた。

火炎鳥人フェニックス (かえんちょうじんふぇにっくす)

ゾウのような長い鼻と大きな翼、さらに炎をまとった体を持つ悪魔のような化け物。じーさんと校長が共同で立ち上げた「でんぢゃらすサーカス」の火の輪くぐり要員として登場した。最初から全身に炎をまとっているので、火の輪は平気。

古川 (ふるかわ)

編集者の男性。「コロコロ編集部」のアンケート結果から、読者が好きなものの1位と2位が、「ウンコ」と「バトル」だという事を知り、じーさんと校長に対し、ウンコを使ってバトルするように要請する。ただし、リアルなウンコを登場させる事はNGとしていた。

豪便寺 周斗 (ごうべんじ しゅうと)

サッカーのユニフォームを着た青年。アフロヘアにしている。プロを名乗っており、河川敷でサッカーで遊んでいたじーさんと孫にフォームのアドバイスをしていた。その立ち振る舞いから、じーさんはプロサッカー選手と勘違いするが、実はプロの無職だった。

不良

テカテカのリーゼントをバッチリ決めた強面の男子学生。登校中だった孫とぶつかり、落とし前をつけるために孫を殴ろうとしていたが、バトルフォームに変身したじーさんによって制止される。

その他キーワード

ケツひこくん

お尻を突き出した全裸の人形。じーさんが誕生日プレゼントとして孫に渡した。お尻からはフルーツの香りがしており、いざとなればお尻から「ファイナルキャノン」という、すべてを焼き尽くす強烈な炎を出す事もできる。

ゲベトル大会 (げべとるたいかい)

じーさんのペットでもあるゲベを主役にすえた大会。どのゲベが最強かを決める大会で、会場には日本の各地からいろんな種類のゲベが集まっていた。大会中は、ゲベをあやつるゲベブリーダーとゲベのコンビによる、勝ち抜き戦が繰り広げられる。

便キング決定戦 (べんきんぐけっていせん)

日本全国から集まった便器好きの猛者達が、便器への愛と情熱を競う大会。あくまで便器への愛を競う大会なので、ウンコが好きな人間はこの範疇に含まれない。そのため、競技途中でウンコをした場合は失格になってしまう。

ベース

絶体絶命でんぢゃらすじーさん

強烈な老人じーさんが孫や校長達を相手に暴れ回る、不条理ギャグコメディ。(2004年)第50回小学館漫画賞児童向け部門受賞。 関連ページ:絶体絶命でんぢゃらすじーさん

前作

でんぢゃらすじーさん邪

曽山一寿の代表作『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』の続編。世の中の「キケン」をテーマに、老人のじーさんがあらゆる常識を無視して暴れまくるギャグ漫画。「月刊コロコロコミック」2010年4月号から2017年... 関連ページ:でんぢゃらすじーさん邪

関連

でんぢゃらすじーさん特別編 でんぢゃらす王国 (でんぢゃらすじーさんとくべつへん でんぢゃらすおうこく)

『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』のスピンオフ作品。デンジャラスな国民ばかりがいるでんぢゃらす王国を舞台にしたギャグファンタジー漫画。「月刊コロコロコミック」2016年2月号と9月号、「別冊コロコロコミ... 関連ページ:でんぢゃらすじーさん特別編 でんぢゃらす王国

SHARE
EC
Amazon
logo