武田信玄

戦国時代の名将武田信玄の生い立ちから青年期の苦悩、当主となってから晩年までの活躍を描く。当時の甲斐国を巡る情勢、戦国大名の動向も史実に基づいて描かれ、説が複数伝わるものについては欄外にて解説が記載されている。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
武田信玄
作者
ジャンル
戦国時代
 
伝記
レーベル
秋田書店

総合スレッド

武田信玄(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

徳川 家康(武田信玄)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:39
武田 信玄(武田信玄)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:39

新着関連スレッドもっとみる

新着関連ガイド

【漫画で学ぶ】「武田信玄」ってどんな人?
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36
風林火山!山梨県を舞台にした漫画特集し!
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36

新着関連ガイドもっとみる

概要

甲斐に攻め入る今川の大軍を武田信虎率いる武田軍が撃破したその日、武田信玄は産声を上げた。「勝ち戦の日に呱々の声を上げた縁起の良い子」として将来を嘱望された武田信玄は、群雄割拠の戦国乱世において獅子奮迅の活躍を見せ、武田氏の名を天下に轟かせるまでに至る。しかし、その人生は決して順風満帆ではなかった。

登場人物・キャラクター

主人公
幼名「太郎」、元服後「晴信」と名乗る。「信玄」は出家後の法名。武田信虎の長男。甲斐国の武将。旗印は四つ割菱。初陣にて城を攻め落とす武勲を立てるが、父武田信虎には認めてもらえなかった。家督を継いだ後は、...
武田信玄の父。甲斐国統一を果たした勇猛果敢な武将。元々短慮なところがあったが、落馬による怪我でその傾向が著しくなり、行きすぎる乱行が目立ち始める。些細なことで自分に刃向かった武田信玄を疎み、駿河の今川...
武田信虎の家臣。家中の混乱を憂い、武田信玄に武田信虎を追放して甲斐の当主となるよう進言する。以後、武田信玄に仕える。雪中行軍となる冬の村上義清討伐戦に反対するが聞き入れられず、上田原の戦いにおいて村上...
武田信玄の家臣。隻眼で気味の悪い風体のため仕官もままならずにいたが、その才能を見抜いた武田信玄に召し抱えられる。軍師として武田信玄の躍進に大きく貢献するが、間者として自ら敵地に潜伏することもある。武田...
武田信玄の側室。武田信玄に降服したものの、切腹させられた諏訪頼重の娘。罪悪感と憐れみ、そして美しさに惚れた武田信玄が家臣の反対を押し切り側室に迎える。後に武田勝頼の母となる。川中島の合戦の最中、胸の病...
武田信玄の家臣。旗印は六文銭。武勇と知略により、山本勘助とともに武田信玄を支える。信濃の真田の庄の出身で、村上義清攻略の折には、反武田勢力の切り崩し工作により信濃平定に大きく貢献する。実在の人物真田幸...
信濃の武将で、反武田により国内勢力をまとめ武田信玄と対立する。上田原の戦いでは板垣信方ら名立たる名将を討ち取り、武田軍を撃退。さらに、戸石城を包囲した武田軍を再度退ける。しかし、真田幸隆の策略により勢...
駿河の善徳寺の僧。今川義元の家臣であり、使者として武田信玄と面会する。領土を北へと広げようと画策する武田信玄に対し上杉謙信に注意するよう助言する。また、善徳寺にて武田信玄、今川義元、北条氏康による三国...
武田信玄の長男。正室である三条公頼の娘の子。十四歳で今川義元の娘を正室に迎える。舅今川義元の仇である織田家の娘を弟武田勝頼の嫁に迎えることが納得できず、かつての武田信虎同様武田信玄を隠居に追い込もうと...
武田義信に守役として仕える。酒の席で武田義信から武田信玄への謀反の計画を明かされる。間者により計画が露見すると、武田義信を守るため自分一人の企てであると主張するが、庇うことはできなかった。実在の人物飯...
越後の武将で元服後の名は長尾景虎だが、上杉憲政から上杉の名跡と関東管領職を譲り受け上杉政虎と名を改める。「謙信」は出家後の法名。自らを毘沙門天の化身と信じ、「越後の龍」の異名を持つ。北に勢力を伸ばさん...
駿河の武将。武田信虎の娘婿にあたる。武田信玄から武田信虎追放の書状を受け、当時若輩の武田信玄が当主につけば甲斐国掌握も叶え得ると見て協力する。しかし、武田信玄の軍才にその夢は叶わず、上洛を果たした織田...
相模の武将。甲斐国、駿河とは隣国のため長年緊張状態が続いていたが、それぞれ他の隣国との戦いに専念するため、今川義元、武田信玄と三国同盟を結ぶ。今川義元亡き後、同盟を破棄して駿河に侵攻した武田信玄に敵対...
諏訪姫の子で武田信玄の四男。幼名四朗。武田義信亡き後、武田信玄と共に上洛を目指し織田信長勢力との戦いに身を投じる。武田信玄の死後、武田の家督と共に上洛の志しを継ぐ。しかし、長篠の戦いでの大敗が国内の瓦...
尾張の武将。旗印は木瓜。武田信玄と三国同盟関係にあった今川義元を桶狭間にて討ち取る。武田勝頼に娘を嫁がせ同盟を結ぶが、足利義昭を奉じて上洛を果たしたため、武田信玄はじめ各地の武将と敵対することとなる。...
三河の武将。旗印は葵の紋。今川領侵攻では武田信玄に与するが、その後織田信長と手を組み、以降武田信玄とは敵対することとなる。武田信玄と幾度も合戦を行うが、勝つことはできなかった。実在の人物徳川家康がモデ...

場所

『武田信玄』に登場する家名。源氏の末裔に連なる名門の家柄。武田信虎、武田信玄、武田勝頼により群雄割拠の時代において天下に名を轟かせるが、武田信玄の死後、十年経たずして滅亡の憂き目にあう。
『武田信玄』に登場する国名。現在の山梨県にあたる地域。戦国時代には諸勢力が割拠する争乱状態が続いたが、武田信虎により平定され、以降武田家の拠点となる。