• 喰霊 (漫画)
  • 登場アイテム
  • 殺生石

殺生石

殺生石

喰霊(漫画)、千年前、京都に現れた大妖怪九尾の狐の魂のかけら。

登場作品
喰霊(漫画)
正式名称
殺生石
ふりがな
さっしょうせき
関連商品
Amazon 楽天

概要

九尾が陰陽師に殺された際、魂が妖力の結晶となって各地に散らばったもの。全部で10個存在する。物の怪へと姿を変え、日本全国に災いをもたらしてきたが、長い間妖力を失い眠っていた。人体に埋めると悪霊化してしまう。悪霊化を呪術で阻止できても、強い妖力が身体から垂れ流しになってしまうため、自然に霊を集めてしまう。

10個集め切った者が、九尾の力を手に入れることができる。

関連人物・キャラクター

九尾の狐

『喰霊』に登場する霊獣。千年前の京都に突如現れた大妖怪。実は大地が産んだ下浄化装置であり、人間の憎悪を一定まで吸収すると、世界を滅ぼすようプログラミングされている。世界が誕生したその日から存在し、長きにわたり輪廻転生の基盤となる霊脈を守りつづけ、いつか全てを無に帰すことが決まっている。

登場作品

喰霊

霊が見える主人公・弐村剣輔が、美少女退魔師・土宮神楽に出会い、政府の機密除霊機関で働きはじめる。人間の憎悪が世界の滅亡を招いてしまうという大きなテーマを軸に、二人の終わらない戦いを描いた長編。 関連ページ:喰霊

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
登場作品
喰霊
logo