水斑蛇

陸軍中野予備校(漫画)の登場人物。読みは「すいはんじゃ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
陸軍中野予備校(漫画)
正式名称
水斑蛇
ふりがな
すいはんじゃ

総合スレッド

水斑蛇(陸軍中野予備校)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

酢堂大雑らの刺客としてゲゲーベンが雇った家電三人衆の一人。女性で年齢は30歳を過ぎている。転入生として枕返高校に潜入するが、周りから中年と呼ばれる。元は陸軍中野予備校で学んでいたが、トラブルを起こして同期の仙拓鬼・嶺僧虎と共に脱走し、以後逃亡生活を続けている。

登場人物・キャラクター

秘密国家南蛮帝国の手先。表向きは商社オストワルド貿易の支配人。酢堂大雑や有川雄妻に対して、実の娘バゾクなど次々と刺客を送り込む。自身も格闘家として優れた能力を持ち、覆面レスラーとして活躍する場面もある...

関連キーワード

『陸軍中野予備校』に登場する架空の予備校。昭和19年(1944年)大日本帝国の諜報員養成学校陸軍中野学校の質を向上させるべく酢堂大雑の祖父で、当時大日本帝国陸軍の少将だった酢堂綱正が設立した。酢堂大雑...

登場作品

陸軍中野予備校で諜報・戦闘術を身に着けた酢堂大雑や有川雄妻。世界の政治経済の掌握を狙う秘密国家南蛮帝国が送り込んだゲゲーベン一味と、パン食の侵略から白米を守るため、日々しょうもない戦いを続ける。