火輪

火輪

舞台は古の東アジア大陸。竜族の王、東海竜王・敖広の領地である昇竜山から、竜族の御神体・竜王剣が盗まれた。この事態に少年・ラン・リーアンは単身山を下り、竜王剣を取り戻す旅に出る。『封神演義』から物語の着想を得ており、道教を軸とした神話世界をベースに、人界・仙界・天界に跨がる壮大なスケールで描かれる冒険漫画。

正式名称
火輪
作者
ジャンル
冒険
レーベル
白泉社文庫(白泉社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

東アジア大陸にある東海竜王の領地・昇竜山。ここには三千年の昔から、竜王剣と呼ばれる竜族の至宝が安置され、それを守る白真珠の化身・白玲娘々が住んでいた。十数年前、ひとりの人間の赤子が昇竜山に捨てられる。赤子を拾った白玲娘々は、赤子をラン・リーアンと名付け、我が子のように慈しみ育てるのだった。

しばらくは平穏な日々が続いたが、赤子が成長し、少年から青年へと差し掛かろうとしたある日、何者かによって竜王剣が盗まれてしまう。剣の守護者であり、竜王剣を飾る至高の三真珠のひとつでもある白玲娘々は、人界に干渉できない自分の代わりに竜王剣を取り戻してくれるようランに懇願し、少年は単身山を下りた。

やがて、大陸を支配する華王朝の王都・舜で竜王剣の在処を突き止めたランだったが、剣は第三公子・寿の手の内にあり、奪還は容易ではない。しかも、寿は竜王剣で父兄を斬り殺し、帝位を簒奪。その殺人によって生じた負の波動が、竜王剣と固い絆で結ばれている白玲娘々の精神に大きなダメージを与え、本性である白真珠へと回帰してしまう。

白玲娘々の変容を深く悲しんだランは、以前の穏やかな生活を取り戻す決意を固め、東海竜王をはじめとする各地の神仙の助けを得ながら、竜王剣の奪還と、白玲娘々の復活を果たす旅へ出立するのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

十数年前、東海竜王・敖広の領地である昇竜山に捨てられていた人間の赤子で、山に住まう仙女・白玲に拾われ、その養い子となる。昇竜山は、天界へと通ずる重要拠点であり、敖広をはじめとする多くの竜族が訪れて、ラ... 関連ページ:ラン・リーアン

天界の眷族であり、最大の武力と歴史を有する竜族の王。また天の四方を守護する四神の一柱・青龍であり、海を統べる東海竜王でもある。その地位に相応しい実力者で、武芸で彼に比肩しうる者はおらず、数々の神通力を... 関連ページ:敖広

柔らかな光を放つ白真珠の印象そのままに、繊細でおとなしく臆病な性格を持つ白真珠の精。元々は竜王剣を飾る三真珠のひとつだったが、金真珠・昱花(ユイホウ)、黒真珠・黒韶(ヘイシャオ)と共に、長い時を経て自... 関連ページ:白玲

大陸全土を支配する華王朝の第四公子。彼の母は竜王剣を飾る三真珠のひとつ、黒真珠の精・黒韶(ヘイシャオ)であり、母から継承したその妖しい美貌と艶やかな魅力は、男女人仙を問わず強力に惹きつける効果がある。... 関連ページ:リュイ

華王朝の第四公子・リュイの側近で、人の身でありながら竜王の領域である昇竜山に赴いて竜王剣を奪取した人物。リュイが宰相となって以降は、将として華軍を率いて各地を転戦する。多大な戦果を挙げ、華王朝随一の武... 関連ページ:レン・ソンツェン

華王朝の第三公子で、妾腹の子。プライドが高く粗暴な人物で、自分の武技に自信を持っている。だが、実際には周囲が手加減していただけであり、ラン・リーアンに勝負を挑んだ際に完膚なきまでに打ちのめされ、以後、... 関連ページ:寿

清源妙道真君という仙号を持つ仙人。ラン・リーアンが長寿を求めて旅をしていた折に知り合い、以後、彼の仙術の師匠として行動を共にする。元々は物語の時代の1千年前に存在した辰王朝の皇族だったが、帝位継承争い... 関連ページ:楊 戩

西方にある瑶池の支配者・西王母(金母)の娘。類稀なる美貌を有し、神仙からの求婚が絶えないほどだったが、それが天界を乱すということで放逐され、鳳凰山で暮らすことを余儀なくされた。その後、鳳凰山を訪れた楊... 関連ページ:竜吉公主

天界を統べる若き天帝で、無限の神通力を発現するという第三の眼・竪眼の所有者である。歴代天帝は竜族の王族を母にもつことが習わしとなっていたが、開はその出自が隠されていたため、赤子の頃より天界でよからぬ噂... 関連ページ:

竜王剣を飾る三真珠のひとつで、黒真珠の精。白玲と同じく、人形(ひとがた)を得てからは竜族の一員となり、その後、天界に預けられる。元々は、見る者の情欲を掻き立てる妖艶な美貌と、弱者への慈愛と情深さを併せ... 関連ページ:黒韶

SHARE
EC
Amazon
logo