化石島

奇怪な岩が絶壁にそびえ立つ孤島「化石島」を訪れた3人が遭遇する、オムニバス形式で描かれた全5話の冒険ファンタジー。プロローグとエピローグが絵物語の挿絵風に描かれ、一人称描写も一部取り入れた実験的作品。1951年12月5日に東光堂から単行本として描き下ろしで刊行された。

正式名称
化石島
ふりがな
かせきとう
作者
ジャンル
アドベンチャー
レーベル
手塚治虫漫画全集(講談社)
巻数
全1巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

「化石島」と呼ばれる孤島に冒険目的で訪れた、ロック手塚治虫谷間コダマの3人。そのうちの一人、ロックは島の宿屋で英国の名探偵シャーロック・ホームズに出会う。ホームズから化石島にある奇怪な岩石群の秘密を聞かされたロックは、宿屋の地下室で意外なものを発見するが、何者かに襲われてしまう。間一髪で脱出したロックの前には怪盗アルセーヌ・ルパン が現れ、彼の口からは国宝盗難事件の真相が語られるのだった。

この後もロックたち3人は、化石島で不可思議な事件に次々と巻き込まれていく。

登場人物・キャラクター

ロック

化石島を訪れた一人。主人公3人の中ではもっとも正義感が強く行動的な青年。1話でのロックは新聞記者で、怪盗アルセーヌ・ルパンを追う名探偵シャーロック・ホームズと出会ったことから、ルパンと船上で対決することとなる。4話でのロックは、インディアン出身の鉄道公安官となって悪党一味と激しい西部劇の決闘を演じる。

手塚 治虫 (てづか おさむ)

化石島を訪れた一人。2話と5話で活躍する、丸いメガネに団子鼻の漫画家の青年。2話では化石島で人類進化の要因となった特殊な草を発見するが、それを島の動物たちに食べられてしまうという騒動を巻き起こす。5話では人魚のピピを捕獲して有名になることを夢想する。作者である手塚治虫自身がモデル。

谷間 コダマ (たにま こだま)

化石島を訪れた一人。詩人を自称する若い女性で、3話では化石島の宿屋で妖精たちと出会い、エロスという妖精の女性身体を入れ替えて天国に旅するという不思議な経験をする。妖精となってはしゃぎ回るが、大失敗をしでかして大騒動を巻き起こす。4話では人魚の少年ピピを詠んだ詩を披露する。

島守の岩作 (しまもりのがんさく)

化石島の宿屋の主人で島の守人。長い白ひげを生やした二段ハゲ頭で、腰の曲がった老人。島にある岩と仲が良く会話できると称しているが、岩ができたいきさつを問われるとメモを読んで答えるほど耄碌している。4話では西部の医師、マウントコールとなって瀕死のロックを救う。

シャーロック・ホームズ (しゃーろっくほーむず)

英国の名探偵で、1年がかりの捜査の末、国宝級の彫刻を盗んだ怪盗アルセーヌ・ルパンを追って化石島にやって来た。ルパンが化石島に隠した彫刻のありかを突き止め、一時は得意満面となるが最後は意外な結末を迎える。

アルセーヌ・ルパン (あるせーぬるぱん)

神出鬼没の怪盗紳士で変装の名人。シャーロック・ホームズとは宿命のライバル同士。英国の博物館から国宝的彫刻を大胆な方法で盗み出し、化石島のある場所に隠している。ロックの活躍により逮捕寸前となり、彫刻窃盗の意外な目的を告白する。

殿村教授 (とのむらきょうじゅ)

人類学者で化石島が人類発祥の地であるとの仮説を立証するために島を訪れ、手塚治虫と一緒に島内を探検する。奇怪な形をした化石島の岩も、古代人たちによる巨石文化の名残りと信じている。島の洞窟で不思議な草の粉を発見するが、これが大騒動の原因となる。

エロス

美しい女性の姿をした愛の妖精で、化石島では「乙女岩」に化身する。おてんばで好奇心旺盛な性格で、天国ではいつも叱られている。火を起こしたり人を眠らせる妖術を使うことができる。1週間の休みで化石島に降りた際、谷間コダマと身体を入れ替える。

アムール

ハンサムな男性の姿をした妖精で、化石島では「まねき岩」 に化身する 。天国では「愛」製造会社の社員としてエロスと共に地上の人々に「愛」を与える仕事に就いている。エロスと身体を入れ替えた谷間コダマに仕事を教えるが、その結果、地上に大騒動を巻き起こしてしまう。

モーガン

化石島の荒野の町ストーンウッドきっての悪党。ロッテの父親から暴力で鉄道会社を乗っ取り、ロッテも我がものにしようと思っている。少年時代のロックを絞め殺そうとした過去があり、鉄道保安官となって化石島に戻った恋敵のロックを、ロッテの父親もろとも抹殺しようと企む。

チャーリー

前科808犯というおたずね者のガンマン。役人に追われ化石島の荒野の町ストーンウッドに身を隠す。酒場の歌手であるサラに慕われているが、肺病で頻繁に吐血し死期が迫っているため自暴自棄になっている。引き止めるサラを振り切り都へ行く列車に乗り、襲撃してきたインディアンに闘いを挑む。

ロッテ

ロックの恋人で、鉄道会社社長の娘。ロックがインディアン出身であることを知っていながら相思相愛の間柄になる清純な美女。危険を顧みずロックを追って都行きの汽車に同乗するという一途さをみせる。

サム

鉄道会社社長の息子でロッテの兄。少年時代に、ロックの身代わりとなってコマンチ・インディアンの酋長に引き渡されており、コマンチ側の戦士としてロックと対峙する。数奇な運命に翻弄される、正義感の強い青年。

ピピ

上半身は人間で下半身が魚という人魚の少年。父親の赤壁博士によって身体を改造され、海中人種第1号となる。海中ではカメのガボに助けられて育った。生き別れとなった両親を探しに、海中から洞穴を通って化石島の宿屋の地下室に現れる。

赤壁博士 (あかかべはかせ)

ピピの父親で、人口増加による地球の危機を解決する手段として、人が魚に返り海中に住むことを提唱する。そして妻の後押しもあってわが子ピピを実験台として海底人間に改造する手術を行う。しかし、民衆からは「悪魔博士」と罵倒され妻もろとも連れ去られてしまう。

書誌情報

化石島 全1巻 講談社〈手塚治虫漫画全集〉 完結

第1巻

(1979年6月29日発行、 978-4061086739)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo