猫なんかよんでもこない

プロボクサーのミツオが、同居していたアニキの去ったアパートで2匹の猫クロとチン子と過ごす日常を描く。作者、杉作の、18年にわたる猫との生活を記した実録漫画。

  • 猫なんかよんでもこない
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
猫なんかよんでもこない
作者
ジャンル
ペット
 
レーベル
実業之日本社

総合スレッド

猫なんかよんでもこない(漫画)の総合スレッド
2016.04.15 12:07

新着関連スレッド

動物病院の先生(猫なんかよんでもこない)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36
ウメサン(猫なんかよんでもこない)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36

新着関連スレッドもっとみる

概要

プロボクサーのミツオは、漫画家の兄と同居中。ある日、アニキが2匹の捨て猫を拾ってくる。2匹はクロチン子と名付けられ、暇を持て余すミツオが世話を焼くことに。しかし、アニキが結婚して引っ越すことになり、ミツオクロチン子、1人と2匹の共同生活が始まった。

登場人物・キャラクター

主人公
『猫なんかよんでもこない』の主人公であり作者自身。漫画家のアニキのアパートに居候する28歳のプロボクサーだったが、網膜裂孔によりボクシングを断念。さらにアニキが結婚を機に田舎へ帰ったため、飼われていた...
主人公ミツオの兄で漫画家。捨て猫だったクロとチン子を拾い、飼っていた。アパートでミツオと同居していたが、結婚を機に田舎へ引っ越しパン屋を目指す。同居時代は収入の少ないミツオを扶養しており、部屋を出る際...
『猫なんかよんでもこない』に登場する猫。オス。アニキが拾ってきた2匹の子猫のうちの1匹で、アニキは最初、メスと思っていた。臆病だったがミツオの応援と、近所の野良猫の代替わりによって、付近のボスとなった...
『猫なんかよんでもこない』に登場する猫。メス。アニキが拾ってきた2匹の子猫のうちの1匹で、新潟弁の「ちんこい(小さい)」という意味で命名された。18年にわたりミツオと生活を共にする。
ミツオがバイトをしていた検診センターで、栄養等の指導をしていた女性。バイト時代は殆ど会話がなかったが、飲み会でミツオの食生活や猫の衛生管理を注意するうちに、親しくなる。後にミツオと結婚し、一児をもうけ...
『猫なんかよんでもこない』に登場する猫。メス。1匹で鳴いているところを見かねたミツオが拾った。毛の柄から、近所の大ボス猫キャハンの子と思われる。拾った当初は威嚇を繰り返したがミツオに懐き、里親に出され...
ミツオが住むアパートの大家をしている女性。アパートはペット不可だったがチン子を黙認してくれていた。しかし近所の苦情を受けてミツオの部屋を訪ね、チン子をはっきりと確認してしまう。後に、アパートをペット可...
『猫なんかよんでもこない』に登場する犬。大家さんが自宅で飼っているゴールデンレトリーバーのオス。人なつっこく、ミツオに抱きついて顔をなめたがる。散歩は大家さんと一緒に行っている。
ミツオのアパートの近所で銭湯を営んでいる。ミツオと同郷の出身で行くたびにジュースをおごってくれる。猫を長年飼っており、助言をすることもあった。
ミツオの知り合い。ポコの里親探しに尽力する。八丈島に住む義母を里親として紹介し、ミツオと共に家を訪ねた。
ミツオの隣の部屋に越してきた青年で、もともとミツオと顔見知りだった。クーちゃんという静かなオス猫を飼う。職業は不動産関係。
『猫なんかよんでもこない』に登場する猫。野良猫三兄妹の1匹。オス。クロと仲がよかった。別のアパートの玄関先でよく老人に餌をもらう野良猫だったが、アパートの撤去に際し、一度ミツオの前に現れ、以後、姿を消...
『猫なんかよんでもこない』に登場する猫。野良猫三兄妹の1匹。メス。クロの初恋の相手で、トロい。チン子が不妊手術をしたことで、近所のオス猫の人気を集めることになる。
『猫なんかよんでもこない』に登場する猫。野良猫三兄妹の1匹。オス。チン子に気があったがふられる。クロとは敵対関係。後にどこかの家で飼われる。
『猫なんかよんでもこない』に登場する猫。クロやチン子が子猫の頃の、近所のボス猫。他とは風格が違う。チン子の初恋の相手だが、多くのメスに慕われていた。
『猫なんかよんでもこない』に登場する猫。チン子の縄張りに台頭してきたボス猫で、近所に次々と子をもうけていた。呼び名は、後ろ足の模様が脚絆を連想させるためと思われる。
ミツオの独身時代のかかりつけ獣医で、大柄な女性。チン子の不妊手術の際、クロにも去勢と室内飼いを勧めた。ポコの里親を探している間も、ミツオがポコを飼い続けることに期待していた。ミツオが引っ越した後も電話...