田中 圭一

田中 圭一

正式名称
田中 圭一
ふりがな
たなか けいいち
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本の漫画家。男性。近畿大学法学部卒。大学在学中の1983年、小池一夫の主催する私塾劇画村塾神戸教室に入校。1984年、「コミック劇画村塾」に『ミスターカワード』を発表して漫画家デビュー。同誌で1986年より連載した『ドクター秩父山』で人気を博す。大学卒業後はタカラ(現・タカラトミー)に入社。以降、転職期間を挟みながらも、一貫してサラリーマン兼業で漫画を発表。サラリーマンとしては、テレビゲームや漫画制作ソフト「コミPo!」のプロデュースなどを手がけたことで知られる。デビュー当時は劇画タッチのギャグ漫画作品を発表していたが、90年代に入ってからは意識的に作風、とくに絵柄のリニューアルに取り組む。その後、手塚治虫本宮ひろ志藤子・F・不二雄などの有名作家の絵柄を模倣し、下ネタギャグを展開するというスタイルを確立した。2002年には、それらのパロディ作品をまとめた単行本『田中圭一最低漫画全集 神罰』を発売し、話題となった。その他の代表作に、『ヤング田中K一』『うつヌケ〜うつトンネルを抜けた人たち〜』など多数。2014年より、京都精華大学マンガ学部ギャグマンガコース准教授に就任。

ヒストリー

1962年5月4日

大阪府枚方市に生まれる。

1983年

劇画村塾神戸教室に入学。

1984年

「コミック劇画村塾」に『ミスターカワード』を発表し、漫画家デビュー。

近畿大学法学部を卒業後、タカラ(現・タカラトミー)に就職。以降、転職期間を挟みつつも、サラリーマンと兼業で漫画を発表。

2002年

『田中圭一最低漫画全集 神罰』発売。手塚治虫など、さまざまな有名作家のパロディで話題となる。

2010年12月

プロデュースを担当したマンガ制作ソフト『コミPo!』が発売される。

2014年

京都精華大学マンガ学部ギャグマンガコース准教授に就任。

作品

1986年

ドクター秩父山

作者

1989年

昆虫物語ピースケの冒険

作者

2002年

田中圭一最低漫画全集 神罰

作者

2004年

ヤング田中K一

作者

2007年

サラリーマン田中K一がゆく!

作者

2009年

マンガ家田中K一がゆく!

作者

2013年

Gのサムライ

作者

2014年12月3日

うつヌケ〜うつトンネルを抜けた人たち〜

作者

2014年

田中圭一のペンと箸 -漫画家の好物-

作者

2017年

若ゲのいたり 〜ゲームクリエイターの青春〜

作者

SHARE
EC
Amazon
logo