番長連合

番長連合

東照美、堂本勘二、横山修一の3人を中心に結成された番長グループ、大日本全学連合会が全国制覇を成し遂げるまでの過程を描く不良漫画。関連作品に、堂本を主人公にした『堂本ルール』がある。

概要

秋志野中で番を張っている東照美と、その子分でお調子者の横山修一。彼らの前に謎の転校生、堂本勘二が現れる。その直後に、近隣でも有名な不良中学の三中と抗争となったと修一は、堂本に焚き付けられて三中に殴りこみに向かい、三中№3の立花薫を倒すことに成功する。その帰途で堂本は、に全国を制覇して「番長連合」を作ることを持ちかける。

こうして、たちの全国制覇への道のりが始まった。

登場人物・キャラクター

東 照美

秋志野中学の2年生であり、番を張っている男子中学生。ケンカが大好きで、拳に魂(イノチ)が乗っているかを重要視している。強さと器の大きさで下からの信望は厚く、戦った相手をも味方に引き込む魅力がある。堂本勘二との出会いを機に、全学会の総番長となって全国制覇に向けて突き進んでいくこととなる。

秋志野中学2年に転校してきた男子中学生。見た目は優等生のようであり、東照美を「東っち」、横山修一を「修ちゃん」というアダ名で呼ぶなど一見軽そうだが、対立校の校舎を平然とガソリンで爆破するなど狂気を内に... 関連ページ:堂本 勘二

横山 修一

秋志野中学の2年生である男子中学生。東照美に心酔して秋志野中の№2を自称しているが、ケンカが普通よりちょっと強い程度のお調子者であり、東を含む周囲からは虎の威を借る狐だと思われている。後に全学会の親衛隊長となる。

神山 聰司

橋船市立第三中学の№1である中学3年生男子。悪の天才であり、築き上げた集金システムによる資金と圧倒的な強さで、恐怖による支配体制を作り上げていた。東照美とのタイマン中に、警察の介入と源太一の裏切りなどによって少年院送りとなる。院を出た後は池袋を制圧し、再び東たちの前に立ちはだかることに。

源 太一

橋船市立第三中学の2年生である男子中学生。市内最悪の不良校である三中で、2年生でありながら№2の座についているほどにケンカが強く、立花薫を含む周囲から圧倒的に恐れられている。東照美とのタイマンで敗れたことがきっかけで、後に全学会に参加し特攻隊長となる。

立花 薫

橋船市立第三中学の3年生である男子中学生。三中の№3である3年生だが、2年の源太一には恐怖で逆らえない状態であった。後に全学会に参加し、特攻副隊長となる。三中時代にタイマンをはったことがあるなど横山修一とは因縁が多く、全学会参加後は二人でつるんで騒動の原因となることがしばしば。

清水 利晃

暴走族集団、上総連合の一員であるチーム羅生のトップであり、上総連合の「四天王」と呼ばれる幹部の一人である男性。ただし、他の上総連合幹部からは「成り上がり」と呼ばれて軽んじられている。部下の篠原満を使って全学会を一度は壊滅寸前にまで追い込むも、最終的に敗れ、全学会の一員となる。 通称は「館山の増長天」。

篠原 満

暴走族集団、上総連合の一員である男性で、清水利晃の部下。頭脳派で、清水のことを心から慕っている。清水の命で全学会にスパイとして入り込んでおり、堂本勘二を罠にかけて一時は全学会を壊滅寸前にまで追い込んだ。後に清水ともども全学会の一員となる。

集団・組織

大日本全学連合会

『番長連合』に登場する番長グループ。堂本勘二の発案により、東照美、横山修一、堂本を中心に結成され、千葉の制覇から全国制覇に向けて突き進んでいく。

上総連合

『番長連合』に登場する暴走族。千葉県南部全体を支配下におく県内最強の連合体で、構成員600人、単車580台。清水利晃ら「四天王」と呼ばれる幹部がトップに立っているが、前会長の不審な事故死以後、内紛の火種を抱えている。

SHARE
EC
Amazon
logo