紅 権介

紅 権介

バラの戦士(漫画)の登場人物。読みは「くれない ごんすけ」。

登場作品
バラの戦士(漫画)
正式名称
紅 権介
ふりがな
くれない ごんすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

前科10犯の詐欺師で、現在も全国指名手配で逃亡中の身。紅将平に協力し、米軍の武器強奪の際には逃走経路と運び出した武器の隠し方について立案する。会員制のアスレチッククラブを秘密の会合に使い、貨物列車やスキーの道具といった物を用いて人を欺く作戦を得意とする。一流の詐欺師として独自の哲学があり、ゲリラの指揮官となった紅将平には、生活は乱さず人から信用される事、指揮官の代わりはいないので一人の兵隊を捨てても全兵隊の責任を取る事などの助言をしている。

元陸軍飛行隊付軍曹で、太平洋戦争の時にインパールでの敗走を経験している。甥で自分を逮捕した紅五郎刑事を、取り調べ中にゲリラの仲間に誘い込もうとした。

マニラで密売から殺しまで一手に請け負う組織の元締めとは、悪党仲間として親交がある。

登場作品

バラの戦士

ライバル会社・空コンツェルンの謀略により父が経営していた紅航空を乗っ取られた上に、会長の息子・空大二郎には妹のタマキを殺害された高校生の紅将平。おじで詐欺師の紅権介や空コンツェルンへと移り屈辱的な扱い... 関連ページ:バラの戦士

SHARE
EC
Amazon
logo