総員玉砕せよ!

総員玉砕せよ!

南太平洋のニューブリテン島のバイエンを舞台に、戦争の悲惨さ無意味さを描く。作者である水木しげるが自身の戦争体験を脚色した作品。

正式名称
総員玉砕せよ!
作者
ジャンル
自伝
関連商品
Amazon 楽天

概要

南太平洋・ニューブリテン島のバイエンが舞台。田所少佐率いるバイエン支隊に所属する丸山ら500名は、連合軍に包囲されてしまう。田所少佐によって玉砕命令が出され突撃するが、多数の兵が生き残り、聖ジョージ岬まで撤退する。その事実を知った司令部は、敗残兵たちに再び玉砕するように伝える。

登場人物・キャラクター

主人公

二等兵。作者水木しげる自身の分身。少々ぼんやりしており、いつも上官にビンタされる。 関連ページ:丸山

バイエル支隊長。楠木正成に心酔している。敵軍に包囲されたとき、楠木正成のように潔く突撃すべきだと、総員に玉砕命令を出す。 関連ページ:田所少佐

丸山の上官。何かというと部下をビンタする厳しい上官だが、靴を無くした丸山に自分の靴を与えるなど優しい一面もある。 関連ページ:本田

場所

バイエン

『総員玉砕せよ!』に登場する場所。南太平洋のニューブリテン島にある。主人公丸山は天国のような場所と聞かされていたが、実際は天国に行く場所であった。 関連ページ:バイエン

アニメ

鬼太郎が見た玉砕〜水木しげるの戦争〜

水木しげるは第二次世界大戦中、南太平洋ニューブリテン島のバイエンに上陸。行く前には「天国のような場所」と聞かされていたが、敵の攻撃や伝染病などで同胞は次々と死んでいった。そんな中、上官の田所少佐は玉砕... 関連ページ:鬼太郎が見た玉砕〜水木しげるの戦争〜

SHARE
EC
Amazon
logo