花井沢町公民館便り

花井沢町公民館便り

あるシェルター技術の開発事故に巻き込まれ、外界から隔絶してしまった町・花井沢町を舞台に、そこに暮らす人々の日常を描いた作品。ストーリーは1話完結形式で描かれ、各エピソードごとに時系列や登場人物が異なった構成である。各話のサブタイトルは1話の「第1号」から順に「第○号」となっている。

正式名称
花井沢町公民館便り
作者
ジャンル
SF一般
レーベル
アフタヌーンKC(講談社)
巻数
全3巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

西暦2055年、シェルターなどに使われる予定であった「生命反応のある有機体を通さない」見えない膜の実験事故によって、花井沢町は外界から隔絶されてしまう。生きているものは外には行けず、誰も中に入れないこの町に暮らす人々は、それぞれの日常を生きていく。

登場人物・キャラクター

市川 希

「第1号」「第7号」「第8号」に登場。花井沢町に暮らす女性。外の世界の男性・総一郎と付き合っている。

エマ

「第2号」に登場。花井沢町に暮らす女子中学生。事故が起こった年に生まれ、外の世界を知らない「後世代」。2人ともアイドルファン。

曽部

「第3号」に登場。花井沢町に暮らす少年。泥棒を見つけ、町内の自警団活動に参加する。

男子小学生三人組

「第4号」に登場。花井沢町に暮らす悪ガキ三人組。ある日「秘密基地」の廃屋で少女2人がキスをしているところを目撃する。

タカちゃん

「第5号」に登場。花井沢町に暮らす青年。事故後に生まれた「後世代」。ファッション好きで、コーディネートの自撮りをSNSにアップすることを日課としている。SNS上では、「都内の大学生」を自称。

春樹

「第6号」に登場。花井沢町に暮らす18歳の少年。10歳くらいの頃から、コバシさんという女性に付きまとわれている。

場所

花井沢町

2055年5月15日、シェルターや刑務所などに使われる予定であった「生命反応のある有機体を通さない」見えない膜の実験中事故を起こし、外の世界から隔離されてしまっている。透明な膜に隔てられている範囲は花... 関連ページ:花井沢町

書誌情報

花井沢町公民館便り 全3巻 講談社〈アフタヌーンKC〉 完結

第1巻

(2015年3月発行、 978-4063880410)

第2巻

(2016年1月発行、 978-4063881110)

第3巻

(2016年9月23日発行、 978-4063881868)

SHARE
EC
Amazon
logo