草薙 素子

イノセンス(アニメ映画)の登場人物。読みは「くさなぎ もとこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
イノセンス(アニメ映画)
正式名称
草薙 素子
ふりがな
くさなぎ もとこ

総合スレッド

草薙 素子(イノセンス)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

2032年の日本の治安機関公安9課の元女性刑事であり、バドーのパートナーだったが三年前に電脳世界に失踪する。同僚達からは少佐と呼ばれていた。今は肉体を持たず、アイデンティティが残る意識だけの存在ゴーストとして電脳世界に存在するが、元のパートナーであるバドーから今尚強い想いを寄せられている。

女性型愛玩用アンドロイドであるガイノイドタイプ2052・ハダリ暴走事件の捜査で、そのメーカーであるロクス・ソルス社のハダリ製造プラント船に潜入したバドーを助けるために、タイプ2052・ハダリの一体に自分の意識の一部をダウンロードした。

登場人物・キャラクター

『イノセンス』に登場するロボット。日本北部の択捉経済特区に本拠地のあるロボットメーカーロクス・ソルス社が生産している愛玩用女性アンドロイドであるガイノイド。少女の姿をしており、密かに性器を有する高性能...
2032年の日本の治安機関公安9課の刑事。全身のほとんどを機械に置き換える義体化をしているサイボーグであり、センサー搭載の義眼や人間以上の力を発揮する人口筋肉などを装備している。無口で冷静沈着だが、内...
『イノセンス』に登場するロボット。女性型アンドロイドのこと。ロボットメーカーロクス・ソルス社は、その愛玩用機種であるタイプ2052・ハダリを製造、販売し、好評を得ていた。

関連キーワード

『イノセンス』に登場する企業。日本の北部にある択捉経済特区に本社のあるロボットメーカー。女性アンドロイドであるガイノイドの高級機種を生産して、業績を伸ばしている新興企業。その生産プラントは海上の多国籍...
『イノセンス』に登場する概念。人間の肉体を機械化する義体化、頭脳を機械化する電脳化]が広く普及している2032年の世界で、アイデンティティを保障する、心や魂に相当する概念。電脳化]により、人間の記憶や...
公安9課

登場作品

実用化された様々なロボットが社会に定着し、多くの人間が機械化、電脳化されている2032年の日本。女性型アンドロイドであるガイノイドが暴走し、人間を殺す事件が連続して発生した。日本政府の治安機関公安9課...