藍澤 渚

実は私は(漫画)の登場人物。読みは「あいざわ なぎさ」。別称、委員長。

  • 藍澤 渚
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
実は私は(漫画)
正式名称
藍澤 渚
ふりがな
あいざわ なぎさ
別称
委員長
別称
アイアンレディ

総合スレッド

藍澤 渚(実は私は)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

黒峰朝陽のクラスの委員長。実は地球潜伏作戦第08小隊所属の宇宙人。堅物でストイック、融通が利かない性分。幼少時より兄上藍澤涼を尊敬している。たまに外部ユニットの充電が必要。頭部のコックピットから、本体の小さい委員長が出てくる。本体には求愛行動のときのみ光る触覚がある。

高1のときに一度黒峰朝陽をフッたが、現在は朝陽に片思い中。動揺を抑えつつも、友人として白神葉子との仲を応援しようとする。人間に正体が知られると、母星に強制送還されることになっている。ケーキ作りの名人で、紅本茜にその腕を買われている。

登場人物・キャラクター

登場時は高校2年。穴の開いたザルのように思ったことが顔に出てしまう、隠しごとのできない男。1年の秋ごろから白神葉子のことが気になっていた。恋愛には奥手のヘタレだが、吸血鬼の葉子の秘密を守ろうと奮闘する...

登場作品

隠し事ができない高校生の黒峰朝陽が告白した白神葉子は、実は吸血鬼だった。正体がバレたら退学させられるという彼女のため、朝陽は図らずも一緒に秘密を守ることになる。1年のときに好きだった学級委員長が宇宙人...