だって好きなんだもん

素敵な運命の恋に恋をする紺野望加が、恋人がいる女性にしか興味がわかないという特殊な性嗜好を持つ芳井柾人に心を奪われる。苦労しながらも、その一途な想いを貫き通す姿を描くラブストーリー。「りぼん」平成16年11月号から平成17年8月号にかけて連載された作品。

正式名称
だって好きなんだもん
作者
ジャンル
ラブコメ
レーベル
りぼんマスコットコミックス(集英社)
巻数
全2巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

紺野望加は画家のシャガールと妻のベラのように、運命の人と出会って熱烈な恋愛をすることに憧れを抱く女の子。ある日、高校の図書館で美術に詳しい男子生徒、芳井柾人と知り合う。不思議なフェロモンを放ち、女性を虜にするタイプの柾人は、実は過去の恋愛のトラウマから、他に本命がいる女の子の浮気相手でありたいという不思議な性嗜好を持っていた。

登場人物・キャラクター

紺野 望加 (コンノ モカ)

運命の人と素敵な恋愛をするのを夢見る、高校1年生の女子。芳井柾人に一目惚れをする。夢見がちな乙女のようでいて意外に根性は据わっており、柾人の特異な性嗜好を知ってもめげずに想いを貫こうとする。素直で一生懸命な性格。

芳井 柾人 (ヨシイ マサト)

不思議なフェロモンを放つ高校1年生の男子で、美術に造詣が深い。眼鏡をかけていて一見地味だが、彼氏のいる女の子の浮気相手として恋愛したいという特異な性嗜好を持っている。神崎梢とは幼なじみで心を許してはいるが、恋愛対象としては見ていない。以前からずっと神崎桜に想いを寄せており、特異な性癖は桜が芳井柾人の兄である芳井椋一と正式に結ばれてから始まった。

渡辺 芽久生 (ワタナベ メグム)

紺野望加の弟で、年齢はひとつ年下。両親が離婚した際、望加は母親に、渡辺芽久生は父親に引き取られた。その後、父親のニューヨークへの転勤についていったが、日本の高校に入学するために5年ぶりに帰国した。姉思いの優しい性格。神崎梢に憧れている。

神崎 梢 (カンザキ コズエ)

紺野望加のクラスメイトの女子生徒。学校でも一目置かれるクールビューティーで、カメラマンである父親のモデルも務めている。芳井柾人とは親同士が友達の幼なじみ。柾人の心の傷について唯一知っている存在。

岩沙 (イワサ)

芳井柾人のクラスメイトの男子生徒。柾人に元カノを取られた過去があるが、そのことを恨むよりも柾人に興味を持っている。当初は神崎梢の美貌やスタイルに憧れるファンの一人だったが、次第に一途に片想いする紺野望加をいじらしく感じ、想いを寄せるようになっていく。

朝岡 光美 (アサオカ ミツミ)

紺野望加のクラスメイトの女子生徒。しっかりした性格で、ぼんやりタイプの望加をいつも心配している。海老沢峻とは中学生の時から付き合っている。芳井柾人とも同じ中学出身で、柾人の悪評を知っていて嫌っている。

海老沢 峻 (エビサワ シュン)

紺野望加のクラスメートの男子生徒。朝岡光美とは中学2年生の時から付き合っている。告白したのは自分からで今でも好きでたまらないのだが、いつもうるさがられている。自分の気持ちに正直なタイプ。

芳井 椋一 (ヨシイ リョウイチ)

芳井柾人の兄。社交的な性格でもてるため、不特定多数の女性と付き合っていた。両親が亡くなったことで精神的にダメージを受けたが、現在は側で支えてくれた神崎桜のお陰で立ち直り、結婚を前提として付き合っている。

神崎 桜 (カンザキ サクラ)

神崎梢の姉。子供の頃からずっと幼なじみの芳井椋一に一途に恋をしていた。地味で大人しく目立つ容姿ではないが、芯のしっかりした女性。芳井柾人の想いには気づいていない。

書誌情報

だって好きなんだもん 全2巻 集英社〈りぼんマスコットコミックス〉 完結

第1巻

(2005年5月13日発行、 978-4088566108)

第2巻

(2005年9月15日発行、 978-4088566375)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo