好きになるまで傷つけて

好きになるまで傷つけて

気を使いすぎて、いままで異性と付き合うことができなかったまじめなOLの原田栞里が、恋愛下手を克服しようと派手な見た目にイメチェンする。イケメン社長の冴島遙樹の秘書となった栞里は、女好きで遊び人の彼を利用し、男への幻想を砕こうとするが、絶望したり、見直してときめいたりと逆に自分が振り回されてしまう。見た目は派手だが中身はまじめな暴走女子と、仕事はできるが女好きでスケベな社長とのオフィスラブコメディ。小学館「姉系プチコミック」2020年9号から連載の作品。

正式名称
好きになるまで傷つけて
ふりがな
すきになるまできずつけて
作者
ジャンル
ラブコメ
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

まじめで用意周到な原田栞里は、年齢と彼氏いない歴が同じ。未だに誰とも付き合ったことがない。食事に誘われても、相手にとにかく気を使いすぎてしまい、付き合うところまで至らない。イケメンでなくても、お金持ちじゃなくても、気疲れせずに一生なかよく添い遂げられる人。それが栞里の理想だった。友達から「そんな男は実在しない。幻想だ」と言われるものの、栞里の会社には、地味だが奥さん思いの男性の大沼がいた。いつかは自分も大沼さんのような人と添い遂げると思っていたら、彼の不倫現場を目撃し、ショックを受ける栞里。友達の言うことが正しかったと失望して会社を辞めてしまう。そして金髪にエクステをつけた派手なギャルに変身。バンバン男と付き合って、男に幻滅し、恋愛音痴を直そうと考えた。開き直って挑んだITベンチャーの面接試験の帰り、若きイケメン社長の冴島遙樹から声をかけられる。冴島は「女遊びができないよう、幹部たちから仕事を詰め込まれていてもう限界。自分の女遊びを正当化してくれる女の味方が欲しい」と言うのだ。栞里は男に対する理想を砕いてもらおうと、遊び人の冴島の秘書になることに決めた。冴島の仕事ぶりに惚れそうになるが、空き時間には「セックスがしてえな」とつぶやき、「遊びに行く時間が作れないなら直接相手して」と栞里にせまろうとするのだった。そんなロクデナシの冴島のもとで、彼のスケベ暴挙が外にバレないよう、秘書としての役目を果たしながら、ガッカリしたり、彼を見直したりと、とにかく忙しい毎日を送る栞里だった。

登場人物・キャラクター

原田 栞里 (はらだ しおり)

きめ細やかな気遣いができる女性。容姿は悪くないのに年齢と彼氏いない歴が同じで、処女。食事に誘われても、相手に気を使いすぎてしまい、付き合うところまで至らない。お金がなくても、地味でもいいから、気を使わなくていい人とずっとなかよく過ごしたいと思っている。自分を変えようと黒髪から金髪にイメチェンし、体のラインが出る派手な服で男にモテようとしている。まじめで仕事ができる女性だが、思い込みが激しく暴走傾向がある。

冴島 遙樹 (さえじま はるき)

ITベンチャーの社長。若くて仕事のできるイケメンだが、女と車好きの遊び人。社長という肩書があれば、女とやりまくれると思い、会社を起こした。女性限定の会議にも堂々と参加するチャラ男。ただ訳あり女は対象外で、セックスする女性とは割り切ったライトな関係を好む。人を見る目とタイミングを読むのが得意で勝負勘も鋭い。

SHARE
EC
Amazon
logo