• 獣王星 (漫画)
  • 作中用語・組織等

輪

獣王星(漫画)に出てくる用語。

登場作品
獣王星(漫画)
正式名称
ふりがな
りんぐ
関連商品
Amazon 楽天

概要

キマエラで特権階級のものが所属するテリトリーの名前。肌の色で分かれた4つのテリトリーがある。それぞれ茶輪(オークル・リング)、黄輪(サン・リング)、白輪(ブラン・リング)、黒輪(ナイト・リング)と呼ぶ。各には、トップ、セカンド、サードが存在し、三人の許可がなければに入ることはできない。

に入ることができれば、極寒の冬を砦で過ごすことができ、生き残る確率が高くなる。各輪には女版「フィメール」も存在する。

関連キーワード

キマエラ

『獣王星』の舞台となる惑星。通称獣王星。重罪を犯した者が送られる極秘の死刑星。バルカン星系で唯一、環境改造(テラ・フォーミング)されていない惑星でもある。30度~50度もの酷暑の昼が181日、マイナス... 関連ページ:キマエラ

登場作品

獣王星

西暦2436年、バルカン星系の死刑惑星キマエラに落とされたトール・クライン。彼が過酷な自然環境で生き残りをかけて戦い、出生の秘密とひた隠しにされてきたキマエラの真実を知る壮大なSF長編。少年期と青年期... 関連ページ:獣王星

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連キーワード
キマエラ
登場作品
獣王星
logo