プライム・ローズ

プライム・ローズ

グロマン王国の王女として生まれながら、生後すぐにククリット王国に送られ貴族の娘として育ったプライム・ローズ。自国の歴史に隠されていた秘密を知り、殺された両親の仇を討つため戦いに身を投じる彼女の姿を描く。やがてこの戦いは、グロマン王国とククリット王国、タイムパトロールまでもが入り乱れた泥沼の戦いへとなだれ込んでいく。「週刊少年チャンピオン」に1982年7月9日号から1983年6月3日号まで掲載された作品。

正式名称
プライム・ローズ
作者
ジャンル
その他SF・ファンタジー
レーベル
チャンピオンコミックスエクストラ(秋田書店)
巻数
全4巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

グロマン王国に支配されたククリット王国で、貴族の娘として裕福な暮らしを送るエミヤ・タチ。しかし彼女はグロマン王国の第3王女で、和平の証として生後間もなくククリットに送られたプライム・ローズだった。ククリット人として生きてきたローズだったが、恋人のタロが強制労働に徴収されたと知り、後を追ってコロニーと呼ばれる収容所へ向かう。

コロニーに潜入しようとしたローズは、そこで待ち構えていたククリット総督のピラールに捕らえられてしまう。ピラールにタロの助命を嘆願して承諾されるも、間一髪で間に合わずタロは処刑される。ピラールをはじめとするグロマン王国の圧政に疑問を持ち始めたローズは、偽の歴史教科書を出版する会社を爆破し、追われる身となる。

逃亡を手助けする謎の老人ジンバから指導を受け、戦う力を身に着けていくローズは、やがてジンバが本当の父親アブミスだと気づく。そして戦いのなか、ククリット王国とグロマン王国の始まりについて驚くべき真相が明らかにされる。

登場人物・キャラクター

プライム・ローズ (ぷらいむろーず)

グロマン王国の第3王女として生まれるが、和平のために生後間もなくククリット王国に送られ、貴族であるジャーク・タチの娘エミヤ・タチとして育てられる。本当の両親は17代グロマン王のアブミスと妃のプロミネだが、王位の簒奪を目論むゴールダに国を追われ、グロマン王国を乗っ取られた。ピラールから、自分はククリット王国からグロマン王国に送られた赤ん坊で、プライム・ローズとは合わせ鏡のような境遇だと打ち明けられ、愛情と嫌悪が入り混じった複雑な感情を抱くようになる。 貴族のお嬢様であるがゆえに我がまま放題に振る舞っていたが、ジンバ(アブミス)との修業や大事な人の死を経て成長する。グロマン人特有の、危険を察知すると体を石化させる能力と、高い戦闘力を持つ。

ピラール

グロマン王国から送られてきたククリット総督。実はグロマン人でなくククリット王国の王子として生まれ、プライム・ローズと同様に和平のため敵国に送られた。ローズに強い愛情と執着を抱いており、さまざまな手段を使って自分の近くに置こうとするが、ことごとく拒絶される。ローズが偽の歴史教科書を出版する会社を爆破して逃亡した時も、執拗に追跡した。 ローズが危機に陥った時には命を助け、心を通わせるかと思われたが、ローズの父親であるジンバ(アブミス)を兄のキリコが殺したため、再び恨まれるようになってしまう。ローズへの思いが強すぎるあまり何度も捕獲作戦に失敗し、部下に見放され、ついにはキリコに総督を辞めさせられてしまう。

タロ

プライム・ローズの恋人。ククリット王国の一般市民で、身分の違うローズを愛しながらも結婚はできないだろうと思っていた。ローズの我がままをかばってローズの両親に嘘ばかりついていたため、タロをローズに悪影響を与える邪魔者だと考えたジャーク・タチの根回しにより、強制労働に徴用されてしまう。

ジンバ

プライム・ローズの前に突然現れ、数々の助言を与える老人。偽の歴史教科書を出版する会社を爆破して追われる身となったローズを助け、共に逃亡生活を送る。その正体は、ローズの父親であるグロマン王国17代王アブミス。ゴールダの謀反により国を追われた時に、王の証である黄金の印璽を持ち出しており、これをローズに託す。 ローズを守るため、キリコと戦って命を落とした。

タンバラ・ガイ (たんばらがい)

コロニーの警備員として家来のブーボーと共に働いていたが、コロニーに潜入したプライム・ローズに好意を抱き、助けたことでピラールに目を付けられ捕らえられる。ククリット人でもグロマン人でもないことから、以前から怪しまれており、拷問にかけられて片目を潰された。何も白状しなかったため「地獄」と呼ばれるC地区作業場に送られるが、のちに脱走し、グロマン王国に抵抗する地下組織のボスとなる。 実は時間を行き来して歴史を調査するタイムパトロールであり、地球で起きたタイムスリップ現象を調べるために1万年の時を超えてやって来た。北辰一刀流の使い手。

ブーボー

海人族と呼ばれる種族で、海人族の村長の一人息子。カメのような姿をしており、硬い甲羅に似たプロテクターを身に着けている。環境に適応して進化した人類の一種。海辺にある村に住んでいたが、村に古くから伝わる古文書に書かれた剣豪に憧れて、剣の使い手であるタンバラ・ガイを師匠として仰ぐ。都へ行くといって村を去ろうとしたガイについていき、コロニーの警備をするガイを手伝っていたが、コロニーに潜入したプライム・ローズを助けたため、ガイと共に捕らえられて作業場に送られる。 のちにガイが地下組織のボスになってからも、彼のもとで変わらず働いている。

ズニード

コロニーC地区の監督官。上官からタンバラ・ガイはスパイ容疑でC地区に送られてきたと教えられ、他の作業員と切り離して一人で働かせ、自白に追い込むように命じられる。弱ったふりをして自分のもとに運ばれてきたガイに銃で脅され、ステーションのコンピューターの所へ案内する。

アサド・ショー (あさどしょー)

プライム・ローズがジンバから会いに行くように指示された漫画家。5年前に描いたククリット王国の正しい歴史についての漫画がグロマン人に睨まれ、それ以来業界から追放されている。警察にも六本指連盟にも追われており、命を狙われている。

ロイ

教科書の出版社に勤めている男性で、プライム・ローズの友人の家庭教師をしていた。友人の紹介でローズと知り合い、ローズのグロマン人としての特殊能力を見込んで、偽の歴史教科書を作っているコンピューターを爆破してくれるように頼む。かつてグロマン王国の侵略により家族を殺された過去を持つ。

キリコ

ピラールの兄。冷酷な性格で、血のつながらない弟であるピラールを監視し、プライム・ローズに魅かれていることを見抜いてローズを殺そうとする。剣の腕に自信を持っており、自分にかなうものはいないと豪語している。ククリット王国の奴隷が反乱を起こしたと聞いて総督邸に駆けつけ、忍び込んでいたタンバラ・ガイと遭遇。 自分に勝てば見逃してやると告げ、剣の達人であるガイに勝負を挑む。

ブーケ

プライム・ローズが群棲地で捕まえたメスの仔馬。我がままで反抗的な性質がローズと似ている。捕まえたばかりの頃はまったく言うことを聞かなかったが、砂漠の怪物に食われそうになったところをローズ助けられて以降は、徐々になつき始める。さらに海人族の村を訪ねた時、村の無法者ドンマに捕らえられたブーケを救うためにローズが命がけの決闘をしたことで、心を通わせるようになる。 キリコの率いる追っ手に捕らわれたローズから、王の証である黄金の印璽を預けられ、タイムスリップして海人族の村を訪れた胆原文烈と共に、ローズを助けに都へと向かう。

ゴールダ

18代グロマン王で、冷酷で残忍な性質を持つ。元々は17代グロマン王アブミス(ジンバ)の側近だったが、ククリット王国と和平を結ぼうとしたアブミスと妃のプロミネを追放し、グロマン王家を乗っ取った。その後すぐにククリット王国に侵略して都を占領し、ピラールを総督に据えた。

胆原 文烈 (たんばら ぶんれつ)

タンバラ・ガイの弟。タイムパトロール養成学校1年生で日本人。いつまで待っても帰って来ない兄を追って、無免許でタイムマシンを運転して未来からこの世界へとやって来たが、到着した時に岩と接触事故を起こし、その際にタイムマシンを失ってしまう。兄に会うため、プライム・ローズが置いていったブーケに乗って都を目指す旅の途中で、ブーケがローズから預かっていた黄金の印璽を託される。 コロニーに侵入して、地下組織のボスになっていた兄と再会する。

悪魔 (あくま)

キリコに捕らわれていた胆原文烈の前にプライム・ローズの姿で突然現れ、文烈を気に入っているから助けてあげると告げて牢屋から救い出した。タンバラ・ガイが隠しておいたタイムマシンを探しあて、ガイは死ぬ運命だから一人でこれに乗って帰るように告げる。さらにククリット王国とグロマン王国を戦争させる仕掛けをしたのは自分だと告白し、文烈に正体を問われて真の姿を見せる。

場所

ククリット王国

プライム・ローズがエミヤ・タチとして育った、もうひとつの祖国。12年前にグロマン王国18代王となったゴールダに侵略されて以来、隷属している。多くの国民が虐殺されたが事実をもみ消され、偽の歴史を教えられている。大昔は「ニッポン」と呼ばれていたと伝えられる。

グロマン王国

プライム・ローズの母国。何百年にもわたって侵略と戦争を繰り返してきたグロマン民族の王国。代々のグロマン王は宇宙の悪魔に忠誠を誓って、不思議な能力と戦闘力を授けられてきた。平和を望んだ17代王アブミス(ジンバ)と妃のプロミネが反乱で殺され、首謀者であるゴールダが18代王に就任した。大昔は「ダラス」と呼ばれていたと伝えられる。

コロニー

グロマン王国の命令により、ククリット王国の若者を徴用して強制労働させる施設。入り口はあっても出口はなく、一度入ったら出ることはできないといわれている。作業場はA地区・B地区・C地区に分かれており、特にC地区は「地獄」と呼ばれ、作業員の死亡率が高い。コロニーでは奇妙な形状の石像を作っては壊しているが、設計はC地区ステーションのコンピューターが行っている。

その他キーワード

六本指連盟 (ろっぽんゆびれんめい)

グロマン王国18代王のゴールダが、5人の実の息子と養子のピラールを合わせた6人の息子たちに組ませた連盟。だれもがゴールダに似て残忍な性質を持つ。一種の貴族警察組織で、グロマン王国に逆らうものには、殺し屋のゴブリン軍団を差し向けて処刑する。

アニメ

タイムスリップ10000年 プライム・ローズ

冷戦時代のこと、地球周回軌道にあった軍事衛星デス・マスクが突如二つに割れて、日本の九十九里浜市とアメリカのダラス市へと落下する。そして、二つの都市は消滅するが、歴史を監視していた未来の機関タイム・パト... 関連ページ:タイムスリップ10000年 プライム・ローズ

書誌情報

プライム・ローズ 全4巻 〈チャンピオンコミックスエクストラ〉 完結

第1巻

(1989年10月発行、 978-4253132138)

第2巻

(1989年10月発行、 978-4253132145)

第3巻

(1989年12月発行、 978-4253132152)

第4巻

(1990年1月発行、 978-4253132169)

SHARE
EC
Amazon
logo