野童

野童

獣王星(漫画)の登場人物。読みは「やどう」。

登場作品
獣王星(漫画)
正式名称
野童
ふりがな
やどう
関連商品
Amazon 楽天

概要

『獣王星』の登場する子供たちの呼び名。キマエラで生まれた子供。この星では5~6歳で母親に捨てられ、子供たちのみで群れを作って生活する。15~16歳になると、野童の群れから独立しなくてはならない。トールは初めて野童を見たとき、自分は違う獣の瞳をもった人種だと感じる。

関連キーワード

キマエラ

『獣王星』の舞台となる惑星。通称獣王星。重罪を犯した者が送られる極秘の死刑星。バルカン星系で唯一、環境改造(テラ・フォーミング)されていない惑星でもある。30度~50度もの酷暑の昼が181日、マイナス... 関連ページ:キマエラ

登場作品

獣王星

舞台は西暦2436年。地球から150光年離れたバルカン星系のスペースコロニーのユノで育った双子の兄弟、トール・クラインとラーイ・クライン。彼らは特権階級の両親に育てられ、エリートとして何不自由のない生... 関連ページ:獣王星

SHARE
EC
Amazon
logo