鈴木 三文

鈴木 三文

るくるく(漫画)の登場人物。読みは「すずき さんもん」。鈴木六文とは親族関係にある。

登場作品
るくるく(漫画)
正式名称
鈴木 三文
ふりがな
すずき さんもん
関連商品
Amazon 楽天

概要

黒猫の姿をしているが、鈴木六文の実の父。バクチ狂いで妻に逃げられた。バクチを含むキリスト教の七つの大罪を犯した咎で神罰を受け、バラバラにされた。黒猫にしたのはブブ。バクチで羽振りがよいときに金をつぎ込むので趣味は広い。カメラにも強いが、撮影よりもカメラ本体が好きなため、アルバムの類はない。

関連人物・キャラクター

鈴木六文

父子家庭で育った中学生。メガネとおでこがトレードマーク。幼いころの記憶がない。瑠玖羽との同居に疑問を感じ、平凡な日常を夢見つつも、悪魔との暮らしをすっかり受け入れている。瑠玖羽からは「己を超えて真理を... 関連ページ:鈴木六文

関連キーワード

鈴木家

鈴木三文と鈴木六文が住む、木造平屋一戸建て。滞納のため電気、ガス、水道のいずれも止まっている。騒動で壊されるたびに悪魔たちの手で再建され、少しずつ大きくなった。瑠玖羽とブブに加えペロも居候になる。 関連ページ:鈴木家

登場作品

るくるく

ある朝、平凡な中学生鈴木六文が目覚めると、見知らぬ小さな悪魔の姫瑠玖羽が朝食を作っていた。瑠玖羽は案山子姿の悪魔ブブとともに家族として暮らし始める。一方、悪魔の計画を阻止するためにやってきた天使は、近... 関連ページ:るくるく

SHARE
EC
Amazon
logo