銀乃

銀乃

あぶな坂HOTEL(漫画)の登場人物。読みは「ぎんの」。

登場作品
あぶな坂HOTEL(漫画)
正式名称
銀乃
ふりがな
ぎんの
関連商品
Amazon 楽天

概要

『あぶな坂HOTEL』に登場するキャラクター。昭和初期の女性。五歳の時に、母と共に海で入水。その後も一人で死んでしまった母を捜して、度々あぶな坂HOTELを訪れていた。七歳や十二歳の時に高熱を出し、十七歳の時に見合いがいやで風邪薬を一箱飲んだ。空襲、出産、脳血栓など、さまざまな状況下で生死をさまよった。夫は幸司、まじめな人で仕事をがんばったが、浮気などもしていた。

脳血栓の際は、かなり渋ったが最終的には現世に帰った。半身に麻痺が残ったが、結果として家族が団結するようになった。八十四歳で穏やかに死去、母と再会することが出来た。

登場作品

あぶな坂HOTEL

この世とあの世のあわいに建つあぶな坂HOTEL。オーナー藤ノ木由良とスタッフが、生死の狭間を彷徨う人々を迎え入れていく。 関連ページ:あぶな坂HOTEL

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
丸山 美保
トモヲ
鈴鹿 リン
猿渡 福子
八方 雅也
八方 竜一
場所
logo