零崎軋識の人間ノック

零崎軋識の人間ノック

零崎軋識を中心に、鉄壁の結束を誇る殺人鬼集団・零崎一賊の戦いを描いた作品。西尾維新原作の小説シリーズ『人間シリーズ』の第2作をコミカライズした作品。単行本には、西尾維新による名場面解説が掲載されている。

正式名称
零崎軋識の人間ノック
原作者
西尾維新
作者
ジャンル
バトル
レーベル
アフタヌーンKC(講談社)
巻数
全4巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

鉄壁の結束を誇る殺人鬼集団・零崎一賊を代表する1人、零崎軋識。鉛の釘バット・愚神礼賛を操る彼にとって、殺人は日常だった。ある日、同じ零崎一賊零崎双識の依頼によって、彼の弟の零崎人識を伴い「殺し」をするが、仕事が済んだ彼らを突然銃弾が襲う。萩原子荻達、新たな強敵との戦いの始まりだった。

登場人物・キャラクター

短髪の青年。麦わら帽子に袖無しのシャツ、首に白いタオルをさげている。背中のバットケースの中には得物の「愚神礼賛」(シームレスバイアス)が入っている。殺人鬼集団・零崎一賊を代表する1人で、殺人は日常の1... 関連ページ:零崎 軋識

零崎 双識

長髪に眼鏡をかけた青年。常に背広にネクタイ姿でいる。殺人鬼集団・零崎一賊の長。落ち着いた話し方をするが、弟の零崎人識に対しては妙に明るい口調で酷い事を命じたりする。得物は「自殺志願」(マインドレンデル)と呼ばれる大型の鋏で、零崎軋識からはこれに因み「レン」と呼ばれている。

おかっぱ頭で、顔の右半分に刺青が入った少年。可愛らしい顔立ちだが、時折狂気がかった表情をのぞかせる。初登場時は中学生。殺人鬼集団・零崎一賊の長、零崎双識の弟。ナイフを操り、「零崎の申し子」と呼ばれてい... 関連ページ:零崎 人識

長い髪を頭頂部で束ねた少女。私立澄百合学園中等部総代表で、優れた頭脳を持つ。殺人鬼集団・零崎一賊の零崎軋識、零崎人識が「仕事」を済ませたところをライフル銃で狙う。その後も片腕の西条玉藻、市井遊馬らを使... 関連ページ:萩原 子荻

西条 玉藻

ざんぎり頭の少女。私立澄百合学園中等部の学生で、総代表・萩原子荻の片腕的存在。情緒不安定でとらえどころが無い性格だが、戦いではナイフ等の武器を駆使して追い詰める猛者。萩原子荻の命で殺人鬼集団・零崎一賊を襲い、零崎人識と対決する。

赤神 イリア

赤神財閥の跡取りの女性。殺傷症候群(D.L.L.R症候群)と診断された。双子の妹であるオデットを多くの関係者が見守る中で殺し、隔離隠蔽のため雀の竹取山に匿われているといわれる。零崎双識、零崎軋識はこの顛末を聞き、彼女に同族の匂いを感じ取る。

赤神 オデット

赤神財閥の娘。殺傷症候群(D.L.L.R症候群)と診断された双子の姉、イリアに殺されたといわれている。

市井 遊馬

ボブヘアーに眼鏡をかけた女性。私立澄百合学園中等部の教師。別名「病蜘蛛(ジグザグ)」。細い糸(曲絃糸)を張り巡らすことで、5km四方の様子が手に取るように分かる。雀の竹取山で萩原子荻に協力し、零崎双識、零崎人識、零崎軋識の動きを監視する。

千賀 てる子

メイド服に鉄仮面をつけた姿で登場した。赤神イリアに仕える女性で、メイドというより守護者の役割を果たしている。萩原子荻の策略によって、雀の竹取山での戦いで零崎軋識に襲い掛かる。

闇口 濡衣

頭から大きな布を被った人物。暗殺者集団・闇口の1人で、トップクラスの腕を持つ。主人以外誰にも姿を見せないといわれている。萩原子荻の策略によって、雀の竹取山での戦いで零崎双識と戦う。

長髪の少年。両手をベルトで括った姿で現れた。初登場時13歳。殺戮奇術集団・匂宮雑技団の1人で、次期エースを自称し、ハイテンションな話し方をする。「人喰い(マンイーター)」の異名を持つ。雀の竹取山で、市... 関連ページ:匂宮 出夢

三十三間堂 三振

髪を逆立てた男性。物語冒頭に登場する。「殺人球」(ボール)で数多の殺人鬼達を沈めてきたと自称し、零崎軋識に「死合」を挑む。

集団・組織

零崎一賊

裏社会に名を轟かせる7つの殺人集団「殺し名」の第三位に置かれている一群。序列は第三位だが、最も忌み嫌われている。殺人衝動を理解されない殺人鬼達が「家族」として結束した。長兄零崎双識をはじめ、零崎軋識、零崎人識など20名余りが所属している。

私立澄百合学園

上流階級の子女達が通う世俗から完全に隔離された進学校だが、その実態は傭兵育成機関。中等部には萩原子荻、西条玉藻が在籍し、市井遊馬は教師を務めている。

クレジット

原作

西尾維新

キャラクター原案

書誌情報

零崎軋識の人間ノック 全4巻 講談社〈アフタヌーンKC〉 完結

第1巻

(2015年1月23日発行、 978-4063880298)

第2巻

(2015年8月21日発行、 978-4063880762)

第3巻

(2016年3月23日発行、 978-4063881318)

第4巻

(2016年11月22日発行、 978-4063882131)

SHARE
EC
Amazon
logo